@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四座【ヨザ】

デジタル大辞泉

よ‐ざ【四座】
室町時代、大和猿楽の4団体。結崎(ゆうざき)観世)・外山(とび)宝生(ほうしょう))・坂戸(さかど)(金剛)・円満井(えんまんい)(金春(こんぱる))の四つの座。江戸時代には喜多流を加えた四座一流を幕府が保護。大和猿楽四座。しざ。
江戸で公許された4軒の芝居小屋。中村座市村座森田座山村座。江戸四座。しざ。→江戸三座

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐ざ【四座/四×坐】
四方の座。また、そこに座る人。座全体。
よざ(四座)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

四座
能楽の四家。▽観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金春(こんぱる)、金剛(こんごう)

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

よ‐ざ【四座】
大和猿楽の四つの座、またその流派。観世座、宝生座、金春座、金剛座の四つをいう。しざ。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・傾城禁短気(1711)二「四座(ヨザ)の桟敷を金壱牧(まい)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation