@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四手網【よつであみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四手網
よつであみ
規模敷網一種正方形の浅い袋状のの4隅を木やで張り,これを水中に沈め,魚類が自然に来るか,などで誘導したとき網を引上げる。漁場は比較的浅いところが適し,川ではこい,ふな,うなぎ,えびなどの魚獲に用いる。海では引上げに滑車を利用するほどの規模のものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

四手網
よつであみ
漁具の一種で、敷網類の底敷網に属する漁具。方形をした浅い袋状の網と竹または木製の枠との二つの部分から構成されており、網の四隅を幹で張ってその形状を保たせている。河川で遊漁用に用いられている一辺1メートル内外のものから、一般漁業に使用されている一辺10メートルにも及ぶものまである。小型のものはそのまま水底に沈めるが、大型のものは陸岸から張り出し竿(ざお)をつけて水中に平らに沈設する。目的物が自然にくるのを待つか、餌(えさ)を用いて網の上に誘導し、機をみて急に引き上げて漁獲する。主として河川・湖沼の浅所で用いられ、コイ、フナ、ウナギ、ボラ、エビ類などを漁獲対象としている。[吉原喜好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よつで‐あみ【四手網】
〘名〙 主に河川や湖沼で魚を獲る敷網の一種。方形の浅い嚢状の網の四隅を木・竹などで張り、張竹(木)の中央をくくった綱に張出竹をつけて差出し、水中に沈めておき、折をみてひきあげ、この上に来游する魚を獲る。四手。《季・夏》 〔俳諧・をだまき(元祿四年本)(1691)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四手網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四手網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation