@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四日市市【よっかいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四日市〔市〕
よっかいち
三重県北部,伊勢湾に臨む市。 1897年市制。第2次世界大戦までに富田町など近隣の2町7村を編入,市域を拡大。 1954年小山田村,川島村,神前村,桜村,三重村,県村,八郷村,下野村,大矢知村,河原田村の 10村,1957年水沢村,保々村と三鈴村の一部をそれぞれ編入。 2005年には町を編入した。中部から沿岸部は伊勢平野の沖積地,背後は洪積台地で,西部は鈴鹿山脈東斜面となる。文明2 (1470) 年田原忠秀が浜田に築城,城下に市を開いたのが起源で,弘治年間 (1555~58) の頃から毎月四のつく日に市が立つようになり市場町として発展。江戸時代には東海道の宿場町となり,桑名とともに熱田との間の海上路の拠点でもあった。鉄道時代になって路線からはずれ一時さびれたが,1888年地元資本により私鉄関西鉄道 (現 JR関西本線) が設立され,工場誘致に努め,工業都市への転換がはかられた。第2次世界大戦までは紡績と陶磁器 (→万古焼 ) が主であったが,戦後日本最大規模の石油化学コンビナートが立地。 1963年からは北部埋立地に立地した午起 (うまおこし) コンビナートも加わり,総面積 600万m2の大規模コンビナートとなった。また,四日市港は 1899年開港場の指定を受け国際貿易港として発展,中京工業地帯への石油,羊毛の輸入港,鈴鹿市で産する自動車,オートバイの輸出港として重要となった。農業では米作のほかチャ (茶) や花卉などの栽培が行なわれる。広古墳群をはじめ旧跡,古社寺も多く,東阿倉川のイヌナシ自生地,西阿倉川のアイナシ自生地,御池沼沢植物群落はそれぞれ国の天然記念物。西部の鈴鹿山地一帯は鈴鹿国定公園に属する。市街地南部の追分は東海道 (国道1号線) と参宮街道の分岐点。海岸部を国道 23号線が通るほか,近畿日本鉄道名古屋線,西部に東名阪自動車道が通じる。面積 206.44km2。人口 31万1031(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よっかいち‐し【四日市市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四日市市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四日市市の関連情報

関連キーワード

国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学ストリンドベリマラルメ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation