@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四生【ししょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四生
ししょう
仏教用語。生き物を生れ方により4種に分類したもの。 (1) 胎生 (母胎中で体を形成して生れた生き物) ,(2) 卵生 (卵の形で生れた生き物) ,(3) 湿生 (湿気のある場所から生れた生き物) ,(4) 化生 (過去からの業の力によって生れた生き物で,天人などをいう) の4種。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐しょう〔‐シヤウ〕【四生】
仏語。生物をその生まれ方から4種に分類したもの。胎生(たいしょう)・卵生・湿生・化生(けしょう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ししょう【四生】
迷いの世界の生物をその生まれ方によって分けたもの。胎生・卵生・湿生・化生けしようの四種。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

四生
ししょう
仏教において、生き物の生まれ方を四つに分類したもの。卵生(らんしょう)、胎生(たいしょう)、湿生(しっしょう)、化生(けしょう)の4種をいう。卵生とは鳥類のように卵から生まれるもの、胎生とは獣類のように胎内から生まれるもの、湿生とは虫類のように湿った場所から生まれるもの、化生とは天人や地獄の生き物のようによりどころをもたずに忽然(こつぜん)と生まれるものをさす。[松田愼也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐しょう ‥シャウ【四生】
〘名〙 仏語。生物をその生まれ方から四種に分類したもの。胎生(母胎から生まれる人や獣など)・卵生(卵から生まれる鳥類など)・湿生(湿気から生まれる虫類など)・化生(他によって生まれるのでなく、みずからの業力によって忽然と生ずる、天・地獄・中有などの衆生)の四種の生まれ方。しせい。
※万葉(8C後)五・七九四右詩序文「盖聞、四生起滅、方夢皆空、三界漂流、喩環不一レ息」
※今昔(1120頃か)四「六道四生に廻る事も亦、財を貪るに依て有る事也となむ語り伝へたるとや」 〔法苑珠林‐一〇〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐せい【四生】
※延宝八年合類節用集(1680)七「四生(セイ) 胎生、卵生、湿生、化生」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation