@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四箇法要【しかほうよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四箇法要
しかほうよう
仏教儀式の部分名称。 (ばい) ,散華 (さんげ) ,梵音 (ぼんのん) ,錫杖 (しゃくじょう) の4種の声明 (しょうみょう) から成る。宗教の制約をこえて,広くいろいろな法会 (ほうえ) に通用する法要部分。おもに講式や論議などを中心とする法会に用いられることが多く,奈良仏教では,講問法要の別名としても使われる。東大寺大仏開眼供養会 (752) が最も古い記録。平安仏教では,真言宗の常楽会 (涅槃会) の四箇法要などが代表的。なお,これと対立するものに二箇法要がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しかほうよう【四箇法要】
仏事法要の構成法の名称。〈しかのほうよう〉とも読む。《(ばい)》《散花(さんげ)》《梵音(ぼんのん)》《錫杖(しやくじよう)》の四箇の声明曲(しようみようきよく)を具備した法要をさす。またこの4曲自体をさすこともあり,〈四箇法要付きの舎利講式〉というような言い方も行われる。これらの曲は法要の導入部で唱えられ,身心と道場を清めると同時に法要を荘厳(しようごん)する(飾る)意味を持つ。〈講讃〉〈講式〉などの顕教立(けんぎようだて)の法要が晴れの典礼としてつとめられるときには,四箇法要の形式が取られるが,これに対し,密教立の場合は二箇法要の形式を取る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

四箇法要」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四箇法要の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation