@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四象【ししょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四象
ししょう
Si-xiang
中国,用語。『周易』の変化の原理であるの4種のかたち。その象徴的意義について諸説があるが,要するに四季のように,陰,陽の盛衰を示すものであって,これがもとになって,八卦 (か) または六四卦ができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐しょう〔‐シヤウ〕【四象】
4種の姿かたち。天体の、日・月・星・辰。
易学で、少陽(春)・太陽(夏)・少陰(秋)・太陰(冬)。
地中の、水・火・土・

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

四象
「易」の宇宙生成論で使われる概念易経繋辞伝によれば、「易に太極あり、(これ)両義(りょうぎ)を生ず、両義、四象(ししょう)を生じ、四象、八卦(はっか)を生ず。」とある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ししょう【四象】
易で少陽(春)・太陽(夏)・少陰(秋)・太陰(冬)の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐しょう ‥シャウ【四象】
〘名〙
① 易で、八卦を生ずる前にあらわれる四つの象(かたち)。何を指すかについては、四時(呉の虞飜)、金木水火(唐の孔穎達)、陰陽剛柔(宋の邵雍)、陰と陽との組合わせ、すなわち(宋の朱熹)などの諸説がある。
※土井本周易抄(1477)一「金木水火の四象に加四維八卦也」 〔易経‐繋辞上〕
天体の日・月・総称。〔書言字考節用集(1717)〕
③ 地中の水・火・土・石の総称。〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四象」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四象の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation