@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

回帰【かいき】

デジタル大辞泉

かい‐き〔クワイ‐〕【回帰】
[名](スル)ひとまわりして、もとの所に帰ること。「伝統への回帰

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

回帰
 二つ,もしくはそれ以上の因子に数量的な関係があること.その関係は種々の回帰線で表される.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいき【回帰 regression】
二次元正規分布に従う確率変数を(X,Y)とし,X,Yの平均値,分散をそれぞれμ12およびσ1222,また相関係数をρとする。方程式y=μ2+σ2・ρ(x-μ1)/σ1で表される直線lは,XxであることがわかったときYの最良予測値yを与える。この直線lYXへの回帰直線という。回帰という用語はゴールトンF.Galton(1822‐1911)によって言い出されたというが,それは次の観察によった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいき【回帰】
スル
一周してもとへもどること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐き クヮイ‥【回帰】
〘名〙
① ひとまわりしてもとにもどること。巡りかえること。繰りかえすこと。
※物理全志(1875‐76)〈宇田川準一訳〉一〇「仮に圏線を設け之を廻帰線と名く 大陽此線に達したるの後は其光線の直射する処漸々赤道の方に回帰するを以てなり」
※短歌への訣別(1946)〈臼井吉見〉「茂吉はむしろそうした赤彦的なものへの回帰をつとめて避けることによって」
② 言語学で、語形をもとの正しいと考えられる形にひきもどそうとすることをいう。特に、それが直しすぎて、かえって間違った形になってしまう場合を「誤れる回帰」という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回帰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回帰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation