@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

回心【えしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

回心
えしん
仏教用語。誤った心を改めて仏道に帰依すること。小乗の心を改めて大乗の教えに帰依すること。浄土教では,特に,自力の心を捨てて念仏の教えを信じること。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回心
かいしん
conversio
宗教的意味で,罪人の神への帰還,平凡な生活からキリスト者の生活に転じること,あるいは不信迷信から信仰に改宗することをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

え‐しん〔ヱ‐〕【回心/×廻心】
[名](スル)仏語。心を改め、正しい仏の道に入ること。改心

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐しん〔クワイ‐〕【回心】
[名](スル)キリスト教で、罪のゆるしと洗礼によってひきおこされる、心の大きな転換。→回心(えしん)発心(ほっしん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えしん【回心】
漢語として元来,世俗的雑事,私的雑念にとらわれた心を改めて,本来あるべき道に帰向する心をもつようになることを意味したが,仏教語として声聞縁覚(しようもんえんがく)の小乗的な心を改めて大乗の仏道に向かう心をもつようになること,さらには懺悔して仏道に帰入することを意味するに至った。廻心とも書く。インド仏教においては同様な宗教体験が〈信解〉〈転依〉などの語によって表現されていたと考えられる。現代語においてはキリスト教的な回心(かいしん)conversionの意味で用いられることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かいしん【回心】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

回心」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回心の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation