@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

回想【かいそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

回想
かいそう
recollection
心理学用語。過去の出来事を思い出すこと。広義の再生に含まれるが,特に,(1) 再生の対象が自己に密接に関係,再生に際して過去の生活体験を伴う,(2) 再生の内容が環境のコンテクストのなかで現れる,(3) 現実に再生のきっかけが少い,などの特徴をもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐そう〔クワイサウ〕【回想】
[名](スル)かつて経験したことを思いめぐらすこと。過去のことをふりかえって思いおこすこと。「少年の日を回想する」
[補説]「」「けり」など、一般には過去の助動詞とされるものを回想の助動詞ともいう。山田孝雄の用語にもとづく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいそう【回想】
スル
過ぎ去ったことを振り返り、思いをめぐらすこと。 往時を-する -にふける回顧補説欄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐そう クヮイサウ【回想】
〘名〙 過ぎ去ったことを思い起こすこと。回思。
※星巖集‐甲集(1837)梨花村草舎集・過如亭山人埋骨処潜然成長句「回想涼風埋殯日、枯藤条束木皮棺」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「前年六両の金を攘(ぬす)みし時の有様を回想せば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回想」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回想の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation