@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

回転体【カイテンタイ】

デジタル大辞泉

かいてん‐たい〔クワイテン‐〕【回転体】
平面図形を、同一平面上の一つの直線のまわりに1回転させたときにできる立体・直円柱・直円錐など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいてんたい【回転体 solid of revolution】
1平面上の曲線cを,その平面上の直線lのまわりに回転したときに生ずる曲面を回転面といい,このときできる立体を回転体という。cを母線,lを回転軸といい,回転面をlを含む半平面で切った切口子午線という。円,二等辺三角形,長方形をそれらの対称軸のまわりに回転したときに生ずる球,直円錐,直円柱は回転体で,その表面は回転面である。円をそれと交わらない直線のまわりに回転したときに生ずるトーラスもそうである。ろくろを用いて作られた各種の工作物は回転体の形状をしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいてんたい【回転体】
平面図形をその平面上の一直線を軸として、そのまわりに一回転してできる立体。球・円柱・円錐など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

回転体
かいてんたい
平面内の図形Fをこの平面内の直線lの周りに1回転させたときのFの軌跡を回転体といい、lを回転軸という。とくにFが曲線のとき、回転体を回転面といい、Fを母線(ぼせん)という(図A)。このとき、回転中のFの任意の位置を子午線ということもある。回転体の表面は回転面である。Fが曲線y=f(x)と2直線x=a、x=bとx軸によって囲まれる図形のとき、x軸の周りの回転体の体積Vは定積分

で与えられる(図B)。[高木亮一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいてん‐たい クヮイテン‥【回転体】
〘名〙 空間内の平面上の図形を、その平面上にある一直線のまわりに一回転させてできる立体の総称。
※生活単元学習の批判(1953)〈遠山啓〉二「円すいは直線を廻転して作られ、球は円を廻転して作られた図形であり、両方とも廻転体である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回転体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回転体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation