@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

回転翼航空機【かいてんよくこうくうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

回転翼航空機
かいてんよくこうくうき
rotor craft
回転する翼 (ロータ) によって必要な揚力および推力の全部または一部を得て飛行する航空機。ロータクラフトともいう。ヘリコプタオートジャイロティルトロータなどが含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいてんよくこうくうき【回転翼航空機 rotor craft】
機体を空中に浮かすための揚力を得るのに,垂直な軸のまわりを回転する回転翼rotor,rotary wingを利用した航空機。ふつうの,飛行機では,翼は,それが空気中を前進することで上向きの揚力を発生するので,前進運動がない限り飛行ができない。これに対し回転翼航空機は,機体が前進していなくとも回転翼を回転させることによって,揚力が得られるので,機体を空中にもち上げられるという特色がある。回転翼航空機には動力で回転翼を駆動するヘリコプターと,機体が前進することで回転翼が自動的に回るジャイロプレーンとがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

回転翼航空機
かいてんよくこうくうき
航空機のうちの重航空機(空気より重く、翼に生ずる揚力によって空中に浮かぶ航空機)で、回転翼により飛行に必要な揚力の全部、またはその大部分を得ているもの。固定した翼によって揚力を得ている重航空機(固定翼航空機)に対して用いる航空機の分類上の用語である。現在、回転翼航空機としては、ヘリコプターが代表的で数も圧倒的に多いが、ほかにオートジャイロ(ジャイロプレーン。回転翼を始動するときには動力を用いるが、飛行中は動力を切り放し、翼の空気力学的特性を利用して自由回転させる)、ジャイロダイン(ヘリコプターとオートジャイロの両方の特徴を兼ね備えるもの)、コンバーチブルプレーン(転換式航空機)、コンパウンドヘリコプター(前進用のエンジンと固定翼を備えた複合ヘリコプター)などがある。
 回転翼航空機は原理が簡単なため、発想は固定翼航空機より古く、1490年ごろレオナルド・ダ・ビンチの数々の発明のなかに、すでにそのスケッチが残されている。しかし、技術的に難問が多く、実用化は飛行機に遅れをとった。ヘリコプターが固定翼航空機なみの実用性を得たのは、1950年代の後半で、ガスタービンエンジンが使用されるようになってからである。[落合一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回転翼航空機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回転翼航空機の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation