@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

回転翼【カイテンヨク】

デジタル大辞泉

かいてん‐よく〔クワイテン‐〕【回転翼】
回転によって揚力または推力を生じる、プロペラ状のヘリコプターオートジャイロにみられる。⇔固定翼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいてんよく【回転翼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいてんよく【回転翼】
ヘリコプターなどの垂直な回転軸に取り付けられたプロペラ状の翼。揚力と推力をつくり出す。ローター。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

回転翼
かいてんよく
rotorrotary wing
回転軸に取り付けられ、その周りを回転して揚力(ローター推力)を生じさせる翼。細くて長い2枚から6枚の翼と、それらを結合する金具(ローター・ハブ)、回転軸、翼の角度(ピッチ)を変える機構とで構成される。回転翼航空機においては動力によって翼を回転させ、ピッチを変えることによって揚力(推力)を加減したり、翼の回転面を傾けて航空機を上下前後左右の任意の方向へ飛行させることができる。こうした役割をもつ翼を主回転翼といい、主回転翼の回転の反動で航空機の胴体が逆に回されることを防いだり、飛行方向を変えるのに用いられる回転翼を補助回転翼または尾部ローターという。主回転翼は、翼を回転させることで揚力が生じるため、固定翼機のように航空機を走らせて揚力を得る必要がない。したがって地上滑走なしに垂直に離着陸したり、空中で停止したり、横ばいや後退飛行など、固定翼機では得られない飛行特性を与えることができる。回転翼は、その機能、駆動方法、ハブとの結合方式、ローター・ブレードの数、航空機における回転翼の配置や数、作動様式などによって分類され、それぞれに数多くの様式がある。[落合一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいてん‐よく クヮイテン‥【回転翼】
〘名〙 回転によって揚力または推力を得るプロペラ状の翼。ヘリコプターなどに用いられる。ローター。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回転翼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回転翼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation