@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

因果性【いんがせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

因果性
いんがせい
causality
原因と結果との関係のこと。この関係が法則に従って生じる場合,その法則を因果の法則 (因果律) という。アリストテレスにおいては,原因形相因,目的因,質料因,動力因の4つに分けられたが,中世ではトマスらにより,結果としての事物存在から因果律を行させて究極原因としての神の証明にいたろうとする企てが立てられ,ルネサンス以後は原因概念を自然科学の目的に適するように限定し,法則による現象説明が企てられた。近代の,ニュートン力学に代表される機械論的自然科学においては,決定論的因果律が自然のうちに客観的に実在すると考えられた。これに対してイギリスの経験論者,ことにヒュームは原因,結果の必然的関係は人間主観の産物にすぎないと考えた。カントはヒュームを批判して,因果性をむしろ経験を可能にする先天的形式であると考え,因果性の客観的妥当性を主張した。 20世紀になって量子力学が出現するにおよび,自然のある領域においては決定論的因果律が成立しないことが認められ,確率的因果律の概念が提出されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いんが‐せい〔イングワ‐〕【因果性】
現象はすべて原因から生じる結果とみる場合に成立する両者の関係。事実間に成立する実在的なものと、命題間の理由と帰結という論理的なものとがある。因果関係原因性。→結果原因

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いんがせい【因果性】
causality 独立した二つ以上の事象の間に原因・結果の関係があること。因果関係。因果態。原因性。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いんが‐せい イングヮ‥【因果性】
〘名〙 事象の間に原因、結果の関係があること。原因性。因果態。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

因果性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

因果性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation