@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

因果【いんが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

因果
いんが
と結事象を成立せしめるものと成立せしめられた事象。「因」に並んで,仏教は「」を立てるが,「因」が直接的な原因をさすのに対し「縁」は間接的な動機,原因をいう。また正統バラモンの思想のなかでは,世界原因のなかにすでに結果が存在すると説くものがあり,これを因中有果 (いんちゅううか) という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いん‐が〔‐グワ〕【因果】
[名]
原因と結果。また、その関係。
仏語。前に行った善悪の行為が、それに対応した結果となって現れるとする考え。特に、前世あるいは過去の悪業(あくごう)の報いとして現在の不幸があるとする考え。「親の因果が子に報い」
[形動][文][ナリ]宿命的に不幸な状態におかれているさま。不運なさま。「頼まれるといやと言えない因果性分

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんが【因果】
原因と結果のこと。特に仏教用語として用いられる場合は,ごう)思想と結びつき,自己の存在のあり方にかかわる因果性をいう。すなわち〈善因善果悪因悪果〉という言葉で表現されるように,たとえば,人間あるいは天人として生まれるという善の結果を,あるいは地獄餓鬼畜生として生まれるという悪の結果を得るのは,前世の自己の善業あるいは悪業を原因とするという考えである。仏教の説くこのような因果法則は自然科学的因果法則というよりは,むしろわれわれの行為に関するものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんが【因果】
原因と結果。 -関係
今ある事物が以前の何らかの事物の結果であり、また将来の何らかの事物の原因であること。
自分のなしたよい行為や悪い行為に応じて、それに相当するよい報いや悪い報いがあること。
現在の不幸は、前世での悪業によっているということ。これも-とあきらめる
形動 [文] ナリ 
不運な巡り合わせであるさま。いやな運命にあるさま。 -な生まれつき -なやつだ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

因果
いんが
原因と結果。原因と結果との密接な結合関係は、古来「因果律」と称して、哲学、科学をはじめ、諸学問の基礎に置かれる。また日常生活においても、時代や地域を問わず、因と果との深いつながりが、かならず前提とされている。創造者ないし絶対者を設けない仏教は、人間の生も行為もすべて現実世界のなかで説くところから、この因果関係をきわめて重く扱い、それらの分析が著しく進んでいる。普通は因が先で果は後とみるが、両者を同時とする考えもある。また果は最初から因のなかにあって、のちに現れ出るとする「因中有果論」、まったく新しい果が発生するとする「因中無果論」の二つがインド哲学で説かれるが、仏教はそのどちらにも偏らず、事実に即してふさわしい教えをそれぞれに応じて説く。とくに、因と果との直結を排して、その間に条件をたてて、それを重視する一方、そのプロセスにも深く配慮する。この条件を縁と称して、これら因と縁と果の関連が、仏教思想の根幹にある。なお、因から果が生じ、ただちにその果が次の瞬間には因となるという現実の反省も、仏教はもっている。また一因一果を説かず、果は多くの因が満たされて生ずることも、ときに一因から多様な果の導かれることも、仏教は説く。いずれにせよ、仏教は行為の動機を重んじて、結果論によらないから、果に至る因(および縁)の精密な分析がきわめて鋭く、それが教理にも実践にも強く反映している。[三枝充悳]
『仏教思想研究会編『仏教思想3 因果』(1978・平楽寺書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐が ‥グヮ【因果】
〘名〙
① 仏語。原因と結果。一切の現象の原因と結果の法則。仏教では、六因、四縁、五果を以て一切の因果関係を説明する。
※法華義疏(7C前)一「言此経中所説一乗因果之法、超然絶於昔日三乗因果之麁、故称妙」
※栄花(1028‐92頃)初花「ものの因果知らぬ身にもあらぬものから」 〔大智度論‐三一〕
② 前に行なった業(ごう)の報い。多く、前世における悪業の報い。また、悪業そのものについてもいう。
※太平記(14C後)二「此の因果に依って、田夫は沙門と生れ」
③ (形動) 不幸。不運。ふしあわせ。
※狂言記・抜殻(1660)「此やうなる、因果の有様になりても、いのちといふものはをしいものでござる」
※古今集遠鏡(1793)五「つらい歎きをせうために生れてきた身かや、さてもさてもイングヮナ身かな」
④ 哲学で、世の中の事物一切に存在する原因・結果の必然的関係。二つのものが原因と結果というつながりを持っていること。因果関係。因果性。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

因果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

因果の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation