@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

因縁【いんねん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

因縁
いんねん
仏教用語。直接原である「因」と間接的原因である「」とをいう。仏教では,あらゆるものが因と縁とによって成立し,また破壊すると考え,これを因縁生 (いんねんしょう) などという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いん‐ねん〔‐エン〕【因縁】
《「いんえん」の連声(れんじょう)
仏語。物事が生じる直接の力である因と、それを助ける間接の条件である縁。すべての物事はこの二つの働きによって起こると説く。
前世から定まった運命。宿命。「出会ったのも何かの因縁だろう」
以前からの関係。ゆかり。「父の代から因縁の深い土地」
物事の起こり。由来。理由。「いわれ因縁」「因縁話」
言いがかり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんねん【因縁】
いんえんの音便。仏教では,すべてのものごとが生起したり,消滅したりするには必ず原因があるとし,生滅に直接関係するものを因と言い,因を助けて結果を生じさせる間接的な条件を縁として区別するが,実際に何が因で何が縁であるかをはっきり分かつ基準があるわけではない。因縁は〈因と縁〉と〈因としての縁〉の二通りに解釈されるが,この両者を一括して縁と呼び,因縁によってものごとの生起することを縁起(えんぎ)とも言い,また,生じた結果を含めて因果(いんが)とも言う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

因縁
いんねん

因と縁(えん)。直接に結果を生ずる「因」に対して、そのプロセスで間接的に働く諸条件を「縁」と称する。ときに因もしくは縁だけで、因と縁との両者をさすこともあり、また因縁といって一方をいう場合もある。仏教では、いっさいのものが因縁によって生じ、とどまり、変化し、滅すると考えて、他から干渉する超越的な作用を排除する。したがって、因に6種(六因)、縁に4種(四縁)、果に5種(五果)をたて、因―縁―果の分析はきわめて精密で鋭い。なお世界の諸思想史を眺めて、因の重視はあっても、縁に及ぶ深い考察は仏教のみといえよう。また縁は、因―果を積極的に助けるだけではなく、消極的に妨害しないというあり方も見逃してはならない。

[三枝充悳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐ねん ‥エン【因縁】
〘名〙 (「いんえん」の連声)
① 仏語。結果を引き起こす直接の内的原因である因と、それを外から助ける間接的原因である縁。仏教ではすべての生滅はこの二つの力によると説く。
※法華義疏(7C前)方便品「従化城喩品以下訖授学無学人記品、明宿世因縁広開三顕一」
② 仏語。四縁の一つ。因としての縁。果を生ずる直接の内的原因。
※守護国界章(818)上「因縁四諦、広略異名」
④ 仏語。仏と結縁(けちえん)させるもの。仏道修行を励ますもの。
※権記‐長保元年(999)八月二六日「逝者平生常帰弟子、造次不忘、是大因縁也」
⑤ 前世からの定まった運命、関係。転じて、何らかのつながりを有すること。縁。ゆかり。特に姻戚にあたること。また、その人。
※九暦‐逸文・天暦四年(950)七月二三日「両府督或因縁、或近親也」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「その孫、人のはらにやどるまじきものなれど、この日のもとの国に契むすべるいんえむあるによりて、その果報豊かなるべし」
⑥ (━する) ある状態をひきおこす原因になること。また、その原因。理由。わけ。
※霊異記(810‐824)中「師を召す因縁は、葦原の国に有りて行基菩薩を誹謗(そし)る。その罪を滅さむが為の故に、請け召すのみ」
※批評論(1888)〈大西祝〉「創作の時代は招て直に来る者にあらず、其来るや深く国家百般の情況に因縁す」
⑦ (━する) 根本や由来を探究し解明しようとすること。
※出定後語(1745)序「然而至其因縁道之義於細席也、則豈得説乎」
⑧ 来歴。由来。いわれ。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「わしがはあこの六部になった因縁(インネン)のうかたり申べいが」
⑨ いいがかり。文句。無理な理由。→因縁をつける

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん‐えん【因縁】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

因縁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

因縁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation