@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

団体交渉権【だんたいこうしょうけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

団体交渉権
だんたいこうしょうけん
労働者の自主的団体 (通常は労働組合) が労働者の生活を守るため,労働条件その他の労働関係につき,使用者または使用者団体と交渉を行う権利。労働者の団体交渉権は,憲法上,労働基本権として保障され (28条) ,労働組合法もこれを確認している (1条1項) 。つまり正当な団体交渉については,刑事上および民事上の免責が与えられ (1条2項,8条) ,さらに労働者側の団交申入れに対して,使用者は正当な理由がないかぎり交渉に応じなければならず,これに違反すれば不当労働行為となる (7条2号) 。ただし労使関係に関係のない事項 (たとえば公共料金値上げ反対など) は,団体交渉の対象とならない。団体交渉により労使間で合意が成立した場合には,通常,労働協約が締結される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

団体交渉権
憲法で保障されている労働三権団結権」「団体交渉権」「団体行動権」の一つで、賃金解雇などについて労働者団体が使用者と交渉する権利。労働組合法7条では使用者が正当な理由がないのに労働者代表との団体交渉を拒む行為を禁じている。
(2008-12-11 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

だんたいこうしょう‐けん〔ダンタイカウセフ‐〕【団体交渉権】
労働者が団結して使用者と団体交渉をする権利。憲法の保障する労働基本権の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

団体交渉権
・right of collective bargaining
・労働者が団体で使用者(雇用者)と交渉をすることができる権利のこと。
立場の弱い労働者保護の観点で保障されている権利となる。
・憲法28条で保障されている。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

世界大百科事典 第2版

だんたいこうしょうけん【団体交渉権】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

だんたいこうしょう‐けん ‥カウセフ‥【団体交渉権】
〘名〙 労働者が団結して使用者と団体交渉をする権利。労働三権の一つとして、憲法で保障されている。〔増補改版や、此は便利だ(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

団体交渉権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

団体交渉権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation