@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

団子【だんご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

団子
だんご
餅加工品の一種。もち米,うるち米を主とし,ときにはとうもろこし小麦粉,あるいはじゃがいもなどのデンプンを丸めて蒸したもの。多くの場合竹のに刺し,あんや黄粉をまぶし,また焼いて醤油をつけて食べる。もとは唐菓子の「団喜」に由来したもので,供物であった。各地に名物団子がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だん‐ご【団子】
米や雑穀の粉をこねて丸め、蒸したりゆでたりしたもの。あん・きな粉をまぶしたり、焼いて醤油をつけたりして食べる。「花より団子」「黍(きび)団子
1のように丸いもの。また、ひとかたまりになったもの。「ひき肉を団子にする」「走者がゴール直前で団子になる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

だんご【団子】
穀類の粉をこねて小さく丸め、蒸したりゆでたりしたもの。あずきあん、きな粉、砂糖じょうゆのたれなどをからめた和菓子をいうことが多い。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんす【団子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だんご【団子】
穀類の粉をこねてまるめ、蒸したり、ゆでたりした食品。あん・きなこなどをつけて食べる。 月見-
まるく固めたもの。 土- 肉-
ごちゃごちゃとひとかたまりになっているさまをいう語。 スタート直後なので選手たちはまだ-になって走っている -レース
うまくまるめこむこと。丸くおさめること。 このさわぎに亭主出て…やうやうと-にして此なりをしづめる/洒落本・青楼松之裡
家紋の一。串刺しにした団子をかたどったもの。団子は三個が普通で三串団子・三通みつどおしともいう。敵の首を団子に擬した武家の記念的な紋。串団子紋。
[句項目] 団子に目鼻

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

団子
だんご
米、麦あるいは蕎麦(そば)、粟(あわ)、黍(きび)など穀類の粉をこねて丸め、蒸しまたはゆでたもの。しょうゆのつけ焼きにしたり、きな粉や餡(あん)、またごまやくるみのたれをつけて食べる。餡を中に包み、表面にごまやきな粉をまぶす例もある。
 団子の語源については、(1)団喜(だんぎ)の転、(2)粉を練り団(あつめ)たもの(団は聚(しゅう)・集の義)、(3)形が丸いところから(団は丸いの義)、などの説がある。団喜は古代に中国から伝来した8種の唐菓子(とうがし)の一つで、『和名抄(わみょうしょう)』ではこれを歓喜団(かんぎだん)の別名としている。歓喜団(歓喜丸とも)は経典にもみえる菓子で、仏教の守護神である歓喜天(聖天(しょうてん))に供えるところからこの名がある。『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』(1830成立)には「団喜は俗に団子というものの形にてあんを包める」とあるが、その形状は、巾着(きんちゃく)形で上部は八つのひだが広がった形となっている。生地(きじ)は米粉を水で練り、薄く伸ばして型抜きで丸く打ち抜き、小豆(あずき)のさらし餡を包んで形を整えてごま油で揚げる。さらし餡には、丁子(ちょうじ)、ごま、桂心(けいしん)、白檀(びゃくだん)、肉桂(にっけい)、甘草(かんぞう)末など不老強精の素材が混入されたが、現在では単純なさらし餡となっている。
 しかし、食物に限らず物を丸めることはごく自然な作業であり、団子の原形をあえて団喜に求める必要はないのかもしれない。『物類称呼』(1775成立)によれば、伊勢(いせ)(三重県)では団子を「おまり」(御鞠)、群馬地方では月見団子を「おまる」といった。いずれもその形状によるものである。また、女房詞(ことば)で団子のことを「いしいし」といったが、これは「美(い)し」を重ねた語で、おいしいものの意であり、各地の方言にも同じ語があった。
 団子は古くから常食として用いられたが、節供などの物日(ものび)につくることが多かった。餅(もち)はめでたいときに、団子は仏事などにとする所もあるが、この傾向は全国的ではない。慣習と団子のつながりからいえば、正月の二十日(はつか)団子、春秋の彼岸団子、春の花見団子、秋の月見団子、死者の枕頭(ちんとう)や墓前に供えた枕(まくら)団子などがある。このうち彼岸や仏生会(ぶっしょうえ)などにはよもぎ団子がつくられた。名刹(めいさつ)の門前土産(みやげ)に草団子を多くみかけるのは、そうした慣習の名残(なごり)である。月見団子や枕団子は餡やきな粉を用いない素(しろ)団子である。[沢 史生]

名物団子

『宗長(そうちょう)日記』の大永(たいえい)4年(1524)6月に、駿河(するが)国(静岡県)宇津の山の茶店では昔から十団子が名物と記されている。また寛永(かんえい)年間(1624~1644)成立の『毛吹草(けふきぐさ)』には、京都の七条編笠(あみがさ)団子、御手洗(みたらし)団子、稲荷(いなり)染団子、摂津(大阪府)の住吉御祓(おはらい)団子、近江(おうみ)(滋賀県)の柳団子があり、1787年(天明7)刊の『江戸町中喰物(くいもの)重宝記』は、さらしな団子、おかめ団子、よしの団子などをあげている。今日の名物としては、熊本の彦(ひこ)しゃん団子、岡山の吉備(きび)団子、京都・高山のみたらし団子、宇治の茶団子、新潟の笹(ささ)団子、東京では向島(むこうじま)の言問(こととい)団子、日暮里(にっぽり)の羽二重(はぶたえ)団子、柴又(しばまた)の草団子などが有名。また木曽(きそ)・東濃地方には御幣餅(ごへいもち)の一種の団子御幣があり、いずれも庶民の菓子として親しまれている。[沢 史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐ご【団子】
〘名〙
① 穀物の粉を水でこねて小さく丸め、蒸し、またはゆでたもの。醤油の付焼にしたり、あん、きな粉などをつけたりして食べる。
※米沢本沙石集(1283)五本「せなかの上くぼみたるゆへにたにといふべくは、団子もくぼみたり」
② (①が丸いところから転じて) 人の言行が角ばらないこと。うまくその場をおさめること。うまく丸めこむこと。
※洒落本・太平楽巻物(1782)「ながふいへばどふやら団子(ダンゴ)らしいが、あったら器量をもちながら、さりとはいやしいおまへの商売」
③ (形動) くちゃくちゃとひとところにかさなっていること、かたまっていること。また、そのさま。
④ 弾丸。銃弾。
⑤ 囲碁で、一方の石が一か所に凝集させられて、働きのない形。絞られた場合などによくできるまずい形。
[語誌](①について) (1)中国の北宋末の汴京の風俗を写した「東京夢華録」の、夜店や市街で売っている食べ物の記録に「団子」が見え、これが日本に伝えられた可能性がある。
(2)「伊京集」にはダンゴ・ダンスの両形が見られ、そのダンスは唐音の形と思われる。
(3)中世まではもっぱら貴族や僧侶の点心として食されたが、近世になると、都会を中心に庶民の軽食としてもてはやされるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

団子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

団子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation