@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

団琢磨【だんたくま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

団琢磨
だんたくま
[生]安政5(1858).8.1. 福岡
[没]1932.3.5. 東京
実業家,三井財閥の指導者。福岡藩士の家に生れ,明治4 (1871) 年 13歳のとき,岩倉具視ら特命全権大使の欧米視察に同行。そのままアメリカに在留し,マサチューセッツ工科大学鉱山学科を卒業,1878年帰国した。工部省鉱山局に勤務し,官営三池炭鉱に赴任,88年三池が三井に払下げられるとともに三井に入り,同炭鉱の近代化に努めた。 1914年三井合名理事長となり,三井財閥を工業中心の事業体に発展させた。さらに日本工業倶楽部理事長,日本経済連盟の会長など,昭和初期における財界の最高指導者として活躍したが,三井本館前で血盟団員の凶弾に倒れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だん‐たくま【団琢磨】
[1858~1932]実業家。福岡の生まれ。米国留学。工部省三池鉱山局に勤務後、三井に移り、のち、三井合名会社理事長に就任三井財閥の最高指導者となったが、血盟団団員に暗殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

団琢磨 だん-たくま
1858-1932 明治-昭和時代前期の実業家。
安政5年8月1日生まれ。工部省の三池炭鉱にはいり,明治22年同鉱の三井払い下げで設立された三池炭鉱社に入社,大正3年三井合名理事長となる。日本工業倶楽部(クラブ)理事長,日本経済連盟会会長などをつとめた。昭和7年3月5日血盟団の菱沼(ひしぬま)五郎に暗殺された。75歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。マサチューセッツ工科大卒。旧姓は神屋。
【格言など】自己の使命を自覚し堅固不動の自活的精神を以て事に当れば,天は自ら助くる者を助くること固(もと)より疑のなきことである(「資本主義の先駆者」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

だんたくま【団琢磨】
1858‐1932(安政5‐昭和7)
三井財閥のリーダー戦前の代表的財界人。福岡藩士の家に生まれたが,1870年(明治3)同藩の団尚静の養嗣子となる。翌年旧藩主黒田家から海外留学生に選抜され,アメリカのボストンに7年間滞在し,設立初期のマサチューセッツ工科大学の鉱山学科を卒業。一時東京大学の助教授となったが,81年に工部省鉱山課に転じ,官営三池炭鉱に勤務。88年同鉱山が三井に払い下げられるとともに三井に入り,鉱山開発に成功し,三井鉱山の専務理事となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だんたくま【団琢磨】
1858~1932 実業家。福岡県生まれ。三池炭鉱事務長を経て三井合名会社理事長に就任、財界の指導者となる。血盟団員菱沼五郎に暗殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

団琢磨
だんたくま
(1858―1932)
技術者出身の実業家、工学博士。安政(あんせい)5年8月1日、福岡藩士神屋宅之丞の四男として福岡に生まれる。幼名駒吉。1870年(明治3)同藩勘定奉行(かんじょうぶぎょう)団尚静の養嗣子(ようしし)となる。1871年岩倉具視(いわくらともみ)渡米に際し、黒田家の海外留学生として金子堅太郎などとともに同行(岩倉使節団)、マサチューセッツ工科大学鉱山学科を卒業して帰国。以後、大阪中学校助教授、東京大学助教授などを経て、1884年工部省に入り三池炭鉱に勤務。同鉱の三井払下げに伴い三井に移り、同鉱事務長を経て1894年三井合名会社専務理事となり、以後同社を主宰。三池炭鉱においてはイギリス製新鋭排水ポンプの導入、三池築港、三池炭利用による多角的重化学工業化を推進、三池を三井のドル箱に仕立て上げるとともに、筑豊炭田(ちくほうたんでん)進出や北海道炭礦(たんこう)汽船系列化にも成功した。このような技術、経営両面での手腕を高く評価され、1909年(明治42)三井合名会社参事に進み、さらに1914年(大正3)益田孝の後任として同社理事長に就任し、以後17年間三井財閥の最高指導者として君臨、三井をわが国最大の財閥コンツェルンとして完成させた。また、財界団体の結成に尽力、日本工業倶楽部(くらぶ)理事長、日本経済連盟会長などの要職を歴任し、財界のリーダーとしても活躍、浜口内閣が立案した労働組合法案を阻止した話は有名。1932年(昭和7)3月5日、三井本館前で右翼テロにより劇的な最期を遂げた(血盟団事件)。なお、団の妻は金子堅太郎の妹、三井合名理事牧田環(まきたたまき)は団の女婿、音楽家團伊玖磨(だんいくま)は団の孫にあたる。[畠山秀樹]
『故団男爵伝記編纂委員会編・刊『男爵団琢磨伝』上下(1938) ▽日本経済史研究会編『近代日本人物経済史 下』(1955・東洋経済新報社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐たくま【団琢磨】
実業家。福岡の生まれ。三井財閥の最高指導者。三池鉱山の経営にあたり三井財閥の巨大な収入源へと育成した。のち三井合名会社理事長。血盟団事件で暗殺された。安政五~昭和七年(一八五八‐一九三二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

団琢磨
だんたくま
1858〜1932
大正・昭和初期の実業家。三井財閥の最高指導者
筑前(福岡県)の生まれ。アメリカで鉱山学を修め,1888年三池炭坑払下げとともに三井三池炭鉱に入り,'94年三井鉱山専務理事となる。のち三井合名理事長・日本工業倶楽部・日本経済連盟の理事長などを歴任。1932年血盟団員により暗殺された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

団琢磨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

団琢磨の関連情報

関連キーワード

ケクレインド大反乱安政の大獄徳川家定開国(日本史)徳川家茂快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation