@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

図像【ズゾウ】

デジタル大辞泉

ず‐ぞう〔ヅザウ〕【図像】
諸仏の像や曼荼羅(まんだら)などの図様を描き示したもの。多く白描で描かれるところから白描図像ともいう。
何らかの主題象徴を担う画キリスト教におけるイコンなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ずぞう【図像】
単数あるいは複数の作られたイメージが,いろいろのレベルでの対応関係に基づいて意味することmeaningにかかわっているとき,そのイメージを図像という。したがって図像においては,そのイメージの形式よりは内容のほうが主として問題とされる。イメージはその生成において無限定な地groundに対立するものとしてみずからを特徴づけ,さらに他のイメージとの関係の中にみずからを位置づけて視覚的体系を形成する。このときイメージは第1次的意味を産出し,図像的対応を準備する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

図像
ずぞう

日本の図像研究

日本で使われている図像とは仏教図像をさす。仏像は、彫刻・絵画を問わず経典の本旨を具体的に表現したものであるから、大乗仏教が成立し仏像がつくられるようになると、仏・菩薩(ぼさつ)その他眷属(けんぞく)の諸像の種類と性格が明確になり、仏像の面相、姿、手や足の表現法に一定の形式が与えられ、とくに密教が体系づけられると、仏像の形式を規定する儀軌(ぎき)が厳格になってきた。それはまた、西域(せいいき)、中国、朝鮮など地域により、あるいは時代によって変化をもたらした。そのうえ同じ中国でも、仏像の形式の意味づけに異なった解釈が行われたり、同じ仏像でも多くの異なった図像に表されるようになった。そのため日本の密教では、中国から多くの図像を輸入して集め、密教研究の手段の一つとした。密教が盛んになると、わが国の有力寺院では図像の模写収集に努め、平安時代末から鎌倉時代にかけて図像の集成と研究の著述が行われるようになった。『十巻抄』『阿娑縛(あさば)抄』『覚禅抄』などはその代表的なもので、現代においても図像研究の第一級の資料である。日本におけるアジア地域の仏教を中心にした密教図像の研究団体として、1982年(昭和57)9月に美術史、密教学、仏教学などさまざまの領域の人たちによって密教図像学会が結成され、事務所は、京都の種智院(しゅちいん)大学に置かれ、学会誌『密教図像』が刊行されている。

[永井信一]

図像学

西洋美術史の領域で使われる図像ということばは、視覚芸術作品がもつ主題や象徴といった意味内容をさす。そしてこの図像を扱う美術史の一方法論が、図像学(イコノグラフィーiconography、あるいはイコノロジーiconology)である。イコノグラフィーは、17世紀イタリアで、貨幣やメダルの肖像の認知の学問、つまり紋章学をさすことばとして使われ始めたものであった。しかし美術に表された主題の歴史的展開や、それに伴う意味の変遷を研究する美術史の方法論としての図像学の確立は、フランスの中世美術史家のエミール・マールEmile Mâle(1862―1954)の功績に負うところが大きい。

 イコノグラフィーとイコノロジーをしいて区別すれば、図像学に対する図像解釈学となる。エルビン・パノフスキー(1892―1968)は、イコノグラフィーは美術作品の主題と意味を取り扱うもので、イコノロジーは「もっと深い意味におけるイコノグラフィー」、つまり解釈を取り扱うものとしている。しかし現在に至るまで二つの用語はしばしば混同して用いられている場合が多い。また、イコノロジー的方法論はドイツのアビ・ワールブルクAby Warburg(1866―1929)の研究が出発点となっている。

[名取四郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ず‐ぞう ヅザウ【図像】
〘名〙
① 仏語。白描(はくびょう)で仏菩薩などの像を描いたもの。広義には仏像、仏画一般をいう。
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「一帳大般若四処十六会図像」
② 美術作品、とくにキリスト教美術作品で、一定の宗教的・神話的主題の表現形式。図像学の対象となる美術の形式。→イコン

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

図像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation