@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

固執傾向【こしつけいこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

固執傾向
こしつけいこう
perseveration tendency
(1) 刺激が変っても同様の反応を繰返す傾向。 (2) 刺激がなくなっても刺激によって生じた心理活動がその後しばらくの間持続する傾向。精神医学臨床心理学分野では前者の意味に用いられており,常同症もしくは固定した行動を意味する。後者の意味に用いたのは,ドイツの心理学者 G.E.ミュラーらで,彼らによれば,学習が終っても学習によって生じた心的活動はしばらく続き,しかもその後続する心的活動は学習を定着させるのになくてはならないという。したがって学習後のほかの学習はもとの学習の保持を阻害する。 (→硬さ )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

固執傾向」の用語解説はコトバンクが提供しています。

固執傾向の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation