@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

固定排架法【こていはいかほう】

図書館情報学用語辞典

固定排架法
資料の排架法の一つで,資料をその大きさなどの形態や受入順といった物理的要因によって排架する方法.受入時に決定した書架上の位置がほぼ永久的に変わることがないため,固定排架法あるいは絶対排架法という.この方法では,利用者が直接に書架から資料を探すことは困難であるため,通常は閉架式書庫や個人文庫,特殊コレクションなどに用いられる.資料へのアクセスは,目録などの検索手段を通じて間接的に行うことになる.その反面移動排架法と比べて,書架を効率的に利用でき,また資料の増加に伴う資料の移動作業が生じないなどの利点がある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

固定排架法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

固定排架法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation