@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

固定【こてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

固定
こてい
fixation
心理学用語。 (1) 生体のある行動や反応が,高い安定性をもって確定されること。所要時間の短縮や誤りの減少などをもって,その指標とする。 (2) 新しい学習を獲得することができず,問題解決が不可能な状況にさらされたり,強いストレスが加えられて,情緒的混乱に陥ったりした場合に行う無効な習慣的行動の反復,ないし固執現象。こうした反応の固定は,人間の場合特にフラストレーション事態でよく観察される。何度も無効な反応を繰返すという意味で,常同的反応ともいわれる。 (3) ある人物,対象に対して強い愛着を示すこと。特に感情的固着といい,幼児期に形成されたまま,未熟な神経症的な形で持続することがある。 (4) S.フロイトは,リビドー発達のある段階から抜け出せず,その結果,人がその段階特有の快感追求の傾向に固執するようになることをさして,リビドーの固定 (または固着) と呼んだ。たとえば,母親への愛が固定して,ほかの女性への愛に移行できない場合などはこれにあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐てい【固定】
[名](スル)
一定の位置に止まって動かないこと。また、動かないようにすること。「支柱を固定する」「ねじで固定する」
一定していて変化しないこと。「客が固定する」「固定給」
生物の組織や細胞を顕微鏡で観察するとき、生きているときに近い状態で保つために、原形質アルコールホルマリンなどで凝固させること。固定法。
遺伝子ホモ(同型)の状態になり、子孫で形質が分離しなくなること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐てい【固定】
〘名〙
① 一つの場所や一定の状態から動かないこと。また、動かないようにすること。変化しないこと。
※舎密開宗(1837‐47)内「其嘴を受器に挿し殆んど加里の滷面に触れしめ装置を固定し」
※海辺の光景(1959)〈安岡章太郎〉「織物会社の嘱託として月月固定の収入を得ながら」
② 生物学用語。
(イ) 個体や細胞、組織をなるべく生きているときに近い状態で保存・観察するため、原形質を凝固させること。また、その方法。固定法。
(ロ) 遺伝子がホモ(同型)になること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

固定
コテハン」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

固定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

固定の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation