@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国共合作【こっきょうがっさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国共合作
こっきょうがっさく
Guo-gong he-zuo
中国革命史上最も重要な2政中国国民党中国共産党による連携協力。両党は,革命の進展状況を反映して対立と協力を繰返した。中国共産党は,1921年7月創立当初はその勢力が微弱であったため,国民党との合作を目指した。これは,20年 V.レーニンコミンテルン第2回大会で提起した「民族および植民地問題に関するテーゼ」の植民地解放闘争におけるブルジョアジーの役割重視によるものであった。国民党も孫文=ヨッフェ共同宣言 (1923) を経て両党の合作を承認し,共産党員がその党籍を保持したまま,個人として国民党に参加する形での第1次国共合作が成立した。共産党員はこの間,国民党内部で指導的役割を果しつつ第1次国内革命戦争 (24~27) を戦い,同時に労働運動,農民運動を指導して革命運動における影響力を急速に強めたが,これが国民党内左右両派の対立を招いた。 27年4月,蒋介石を頭とする右派は,上海で反共クーデターを起して多数の共産党員,労働者を虐殺,第1次国共合作は終焉した (→上海クーデター ) 。この国共合作の崩壊は共産党に壊滅的打撃を与え,従来の政策に対する根本的な自己批判を迫られた。第2次国共合作は,毛沢東が共産党の指導権を掌握することにより党の後退局面を止揚し,日本軍の華北侵略を背景に西安事件をきっかけとして実現した。中国工農紅軍は国軍の新四軍八路軍に改編されたが,しばしば最も困難な戦局を担当させられ,実質的には内部対立が激化していった。これは抗日戦勝利後も続き,毛沢東,蒋介石の重慶交渉 (45.8.) は失敗に終り,全面的内戦に発展,49年 10月,中華人民共和国の成立で共産党の勝利が確定し,国民党の指導部は台湾に逃亡した。 81年中国の全国人民代表大会委員長,葉剣英が第3次国共合作を提起,1980年代以降,半官半民の対話と交流が始っている。しかし,台湾は三不政策を堅持,また中国は台湾の民主化や野党の勢力拡大により国民党主導の交渉に不安を抱き,あらゆるレベルにおける交渉を主張している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

国共合作
国民党と共産党は1924年に北洋軍閥などに対抗するために「第1次国共合作」と呼ばれる協力関係を築いた。その後、対立関係に戻ったが、36年の西安事件や37年の盧溝橋事件を受け、「抗日民族統一戦線」を構築(第2次国共合作)した。日本の敗戦後、中国は内戦状態になり、49年、国民党は台湾に逃れ、共産党は中華人民共和国の成立を宣言した。
(2006-08-30 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こっきょう‐がっさく〔コクキヨウ‐〕【国共合作】
中国国民党中国共産党が結んだ二度の協力関係。第一次は1924年から1927年までで、国民革命推進貢献。第二次は1937年の日中戦争勃発から日本の敗戦後の1946年まで続いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こっきょうがっさく【国共合作 Guó gòng hé zuò】
中国国民党と中国共産党との〈合作〉(提携)をいう。前後2回実現して中国現代史の展開に決定的な意義をもった。
[第1次(1924年1月~27年7月)]
 コミンテルンは,1920年,帝国主義との闘争において民族・植民地解放運動と同盟する戦略を決定し,中国における唯一のブルジョア革命政党,中国国民党に働きかけた。国民党の指導者孫文はソ連援助を受け入れたが,中国共産党との合作においては党と党との提携ではなく,中国共産党員が個人として国民党に加入する党内合作の形式を要求した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

国共合作
こっきょうがっさく

中国国民党と中国共産党が結んだ二度の協力関係をいう。第一次(1924~27)は北方軍閥と、その背後にいる帝国主義列強に対して、第二次(1937~45)は日本帝国主義に対して統一戦線が組まれたもので、前者は国民革命(北伐)において、後者は抗日戦争において決定的役割を果たした。

[野澤 豊]

第一次

第一次国共合作は、中国共産党員の国民党への個別加入の形をとった。アジアの民族運動を重視したコミンテルンの援助を得て、孫文(そんぶん/スンウェン)は1922年から国民党の改組に着手し、広東(カントン)に革命政権を再建するとともに、これを大衆的基盤にたつ革命政党へ脱皮させようとした。成立してまもない中国共産党も、コミンテルンの指導の下に、民族革命政党との提携を決めた。24年1月の国民党一全大会で、連ソ・容共・工農扶助の三大政策が採用され、国共合作が発足した。同年秋、孫文は国民会議の開催を提唱して北上し、それに伴って労農運動は飛躍的な発展を遂げた。国民革命は進展し、北伐の過程で27年武漢に革命政権が樹立された。その間、革命勢力の内部で対立が強まり、蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)は国民党右派と結び、帝国主義列強、浙江(せっこう)財閥を背景に反革命に転じ、国民党左派や中国共産党と手を切って南京(ナンキン)政府をたて、全国制覇を目ざしたことから、新軍閥とよばれるに至った。武漢政府の崩壊後、中国共産党は右翼日和見(ひよりみ)主義を清算し、土地革命を進め、江西ソビエトを成立させて、南京政府に対抗した。そこから、10年にわたる国共内戦の勃発(ぼっぱつ)となった。

[野澤 豊]

第二次

第二次国共合作は、国共両党の対等な立場での政策協定という形をとった。国民党軍の江西ソビエトに対する包囲を脱して長征に移った中国共産党は、1935年の八・一宣言で、満州事変後に強まった日本の中国侵略に対して、抗日民族統一戦線を提唱した。同年の一二・九運動や、翌年の西安(せいあん)事件を経て、内戦停止、一致抗日の声は強まり、国民党も政策転換を余儀なくされたが、日本の先制攻撃で37年7月、日中戦争開始とともに、国共合作が具体化した。陝北(せんほく)ソビエトは辺区政府となり、紅軍は八路軍、新四軍と改称されて前線に向かった。国民党は奥地に重慶(じゅうけい)政府をたて、辺区包囲の態勢をとるようになったが、中国共産党はゲリラ戦を展開して、日本軍の背後に抗日根拠地を拡大していった。45年、このような戦線配置のまま、国共両党は太平洋戦争の終結を迎え、その生死を賭(か)けた再度の内戦に突入することになった。

 内戦が決着して、1949年に中華人民共和国が成立し、国民党は台湾に政権を樹立して今日に至っているが、しだいに北京(ペキン)側からの第三次国共合作の呼びかけが強まっているのが現状である。

[野澤 豊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こっきょう‐がっさく コクキョウ‥【国共合作】
中国国民党と中国共産党との提携。第一次は国民政府が実現した一九二四~二七年、第二次は西安事件後の一九三七~四六年で、抗日統一戦線を結成して日本に抵抗した。〔増補改訂新聞語辞典(1936)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

国共合作
こっきょうがっさく
中国国民党と中国共産党との提携によって民族的統一をはかる政策
第1次国共合作は,孫文の提唱で,1924年国民党の改組とともに第1回全国代表大会で決定され,共産党員の国民党加入が認められた。孫文の死後,これを基盤に労農運動が発展し,1926年北伐が開始されたが,27年4月蔣介石は上海でクーデタを断行した。これと対立した武漢政府ものちに反共宣言を発し,国共分裂となった。第2次国共合作は,満州事変以後の日本の進出に対処して,共産党の八・一宣言以後,内戦停止・一致抗日の世論が高まり,1936年西安事件を契機に37年日中戦争が起こると,抗日民族統一戦線が結成された。中華ソヴィエト政府は中華民国特区政府に,紅軍は八路軍に改組し,地主の土地没収は停止した。1941年以後国共間の主導権争いが強まり,大戦終結後,国共内戦が再開された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国共合作
こっきょうがっさく
中国国民党と中国共産党が前後2回にわたって結んだ提携
〔第1回〈1924〜27〉〕国民党の孫文は「連ソ・容共・扶助工農」を綱領として共産党員が個人の資格で国民党に入党する形で合作を成立させた。'27年2月国民党左派と結んだ共産党が武漢政府をつくると,同年4月蔣介石は上海でクーデタを断行,共産党を弾圧して南京国民政府樹立。これと対立した武漢政府ものちに反共宣言を発し,国共合作は破れた。〔第2回〈'37〜46〉〕'36年の西安事件により国共停戦がなり,'37年盧溝橋事件を契機に抗日民族統一戦線が結成され,再び合作が成立した。抗日戦争中,共産党は着実に勢力を伸ばし,国民党との反目が続いたが,第二次世界大戦後内戦によって完全に分裂した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国共合作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国共合作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation