@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国分大根【こくぶだいこん】

事典 日本の地域ブランド・名産品

国分大根[根菜・土物類]
こくぶだいこん
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
主に霧島市国分地区で生産されている。古くから栽培されており、宮重大根の自家採種のなかからできあがったものという。現在ではほとんど目にすることがなくなったが、2007(平成19)年度から霧島市の農業青年クラブが種子保存や産地化を目指し、栽培に取り組んでいる。葉長は60cm〜70cmでやや赤みがかかった緑色をしている。は2kg〜10kg。桜島大根を小型化したで淡赤紫色を帯びている。12月〜1月に収穫される。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国分大根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国分大根の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation