@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国勢調査【こくせいちょうさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国勢調査
こくせいちょうさ
census
一定の時点で国民全人口やその属性を,国家が観察する実地調査センサス邦訳。日本では 1920年が最初で,ほぼ5年ごとに実施され,第2次世界大戦後統計法に基づき,10年ごとに大規模調査 (1950,60,70,80,90,2000) ,その中間年次が簡易調査となっている。ただし終戦時の 45年に代って実施された 47年センサス以降は,現在人口主義を常住人口主義に変え,雇用についても平常就業を知る有業者統計から,実際の就業を知る労働力統計に変えた。国勢調査は指定統計第1号でもあり,戦前人口統計の性格から,戦後は家計全般の大枠を把握するように拡大されてきた。すなわち,人口,労働,住居項目は毎回調査され,55年以後では従業地や世帯人員も共通項目となった。その後,社会状況に応じて調査項目の削除,追加が行われているが,家計関係の標本調査の母集団としても重要なものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

国勢調査
1920年から5年ごとに実施され今回で20回目。衆院小選挙区の区割りや地方交付税の交付額算定、将来人口推計や各種研究に使われる。今回の調査員数は全国70万人、都内で12万人(国試算)。原則対面で調査票を手渡ししていたが、オートロックマンションの増加や個人情報保護の意識も高まり、本人による回答率が落ちている。前回は全国で8.8%、都内で20.1%で回答を得られず、周囲の聞き取りで補った。ネット調査は、回答を促し、統計の精度を上げる狙いで導入された。
(2015-10-08 朝日新聞 朝刊 東京四域・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こくせい‐ちょうさ〔‐テウサ〕【国勢調査】
国の人口・世帯の構造や就業状態などを明らかにするため、全世帯を対象に、一定の周期で、全国一斉に行われる、大規模な全数調査。日本では、総務省が5年ごとに実施する。第1回の調査は大正9年(1920)。西暦年の末尾が0の年には大規模調査、5の年には調査項目が少ない簡易調査が行われる。基幹統計調査の一つで、これをもとに国勢統計が作成される。センサス。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

国勢調査
 5年ごとに総務省が行う人口についての基本的な調査.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくせいちょうさ【国勢調査】
人口センサスpopulation censusの訳語として使われることもあるが,日本では,統計法(1947年5月施行)に基づき,政府が全国民について行う人口に関する調査を国勢調査と呼ぶ。指定統計第1号。調査は10年ごとに,またその間の5年目に当たる年には簡易な調査が,それぞれ行われることになっている。調査対象は,調査年の10月1日午前0時現在に日本国内に常住する者(外国人,浮浪者等も含み,国外に出ている者等は含まない)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくせいちょうさ【国勢調査】
日本に居住するすべての人を対象にした、年齢・世帯・就業・住宅など人口の基礎的属性を知るための調査。1920年(大正9)に第一回調査を行い、45年(昭和20)を除いて五年ごとに実施されてきた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国勢調査
こくせいちょうさ
独立国家としての状態を統計的に把握するもっとも基本的な資料である人口構造と、それに付随する家族構成や就業状況などを明らかにするために行われる大規模な全数調査。この調査は、兵力や担税力などを調べ、国家行政の基礎と市民の権利義務を確定する目的で、古代ローマ時代に行われた人口・財産登録制度にその源を発するが、その後、徐々に近代化され、国家のある一定時点における人口の規模、分布、構造などを明らかにする今日の人口静態統計調査(人口センサスpopulation census)となった。国勢調査とは、この人口センサスの日本における法律上の呼称である。日本における国勢調査は、日本国内の人口・世帯の実態を把握し、行政施策の基礎資料とすることなどを目的としている。
 日本においては、1872年(明治5)の戸籍簿の創設にあたって全国的な戸口調査が行われ、それ以来、戸籍簿に基づく間接的な人口調査はしばしば行われたが、近代的な人口調査は、1902年(明治35)に制定された「国勢調査ニ関スル法律」に基づいて1920年(大正9)に実施された第1回国勢調査が最初である。それ以降、国勢調査はほぼ5年ごとに行われ、第二次世界大戦後、1947年(昭和22)には、新たに施行された統計法に基づく指定統計第1号となった。同年に臨時国勢調査が行われ、1950年以降は、統計法第4条に基づき10年ごとに、また中間の5年目には基本的事項を中心とした「簡易な方法」(同条2項但書)による調査が行われてきた(それぞれ「大規模調査」「簡易調査」とよばれている)。ただ、1920年から1947年までは調査の対象が各調査時点(10月1日午前0時)での滞在場所人口であり(現在地主義)、1950年以降の常住人口(常住地主義)と異なっている。2007年(平成19)にそれまでの統計法が全面改正され、国勢調査は改めて国の「基幹統計」の第一に指定された。そして旧法と同様に、この全数調査(大規模調査)を10年ごとに行い、中間の5年目には簡易な方法(簡易調査)による調査を行うことが同法第5条に規定されている。今日の調査対象となっている常住人口とは、10月1日現在、そこにすでに3か月以上住んでいるか、またはその前後を通じて3か月以上にわたって住むことになっている人のことである。現在の調査事項は、「世帯員に関する事項」として、氏名、性別、生年月日、続柄、配偶関係、国籍、就業状態、所属事業所、仕事の種類、地位、就業地または通学地などであり、「世帯に関する事項」としては、世帯種類、世帯員数、住居の種類、住宅面積などである。このほか大規模調査では教育や利用交通手段なども含まれている。初期の調査は氏名、性別など数項目にすぎなかったが、第二次世界大戦後は、1950年の第1回大規模調査から、人口や仕事に関する基本的事項のほか、住居や教育に関する事項も順次調査に加えられてきた。具体的な調査は、国勢調査員が各世帯を訪問して調査表への記入を依頼し、後日その記入済み調査票を回収するという方法で行われる(2015年からはインターネットによる回答も併用)。調査の結果は、主管の総務省統計局より約2年後に「国勢調査報告」として公表されるが、その基本となる報告書は人口、世帯、住居に関するもっとも基本的な事項についての結果を集計し、都道府県ごとにまとめたものである。また、速報値が、全世帯の100分の1の世帯の調査票に基づいて集計されて、調査後半年から1年の間に公表されている。[高島 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくせい‐ちょうさ ‥テウサ【国勢調査】
〘名〙 国が一定の時期に行なう全国的な人口調査。日本では大正九年(一九二〇)に第一回の調査が行なわれて以来、五年ごとに簡易調査、一〇年ごとに本調査が行なわれている。センサス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国勢調査
こくせいちょうさ
近代国家で行政の基礎資料を得るために実施される統計調査
日本では人口調査のみを行い,1920年以後,5年ごとに簡易調査,10年ごとに本調査を行っている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国勢調査」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国勢調査の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation