@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国博士【くにのはかせ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国博士
くにのはかせ
(1) 令制で設けられた国学の教授。国ごとに1名任命され,学生の教授や課試,外国使臣の応接にあたった。任用は当国の住民を原則としたが,適当な人物がいないときは,隣国や中央から派遣された。任命されたものが,当国の住民の場合は徭役 (ようえき) が,隣国からの場合は課役のすべてが免除され,職田,事力 (じりき。大宰帥国守に賜わる舎人) ,公廨稲などが支給された。 (2) 大化改新の際の政治的顧問。僧 (みん) ,高向玄理らが任命され,改新政府で官職制度の整備にあたって中心的存在となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くに‐はかせ【国博士】
大化の改新時の政治顧問であった僧旻(そうみん)高向玄理(たかむこのくろまろ)に与えられた官名。くにのはかせ。
律令制で、諸国に置かれた国学教官。くにのはかせ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くにはかせ【国博士】
(1)大化改新の際に一時置かれた官職。645年(大化1)6月に成立した改新政府は新たに左右大臣・内臣とともに国博士を置き,僧旻(新漢人旻(いまきのあやひとみん))と高向玄理(たかむくのくろまろ)をこれに任じた。主として新制度・政策立案・推進に当たる臨時的な職とみられ,《日本書紀》では大化5年(649)是月条の〈博士高向玄理と釈僧旻とに詔して,八省百官を置かしむ〉という記事を最後に,この官名は両人肩書から消えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くにはかせ【国博士】
くにのはかせとも
大化の改新の際、僧旻みん・高向玄理たかむこのくろまろに与えられた政治顧問としての官名。
律令制下、諸国に一名ずつおかれた国学の教官。国内もしくは近国から選ぶのを原則としたが、中央から大学生などを派遣する場合が多かった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国博士
くにはかせ
(1)645年(大化1)の大化改新の際に設置された政府の政治顧問。入唐し、かの地で学んだ沙門旻(しゃもんみん)法師、高向史玄理(たかむこのふひとくろまろ)の両名が任じられた。
(2)令制(りょうせい)における国学の教官の名称。令制では、国ごとに国博士が1名置かれ、教授課試、外国使節の応接にあたることになっていた。原則として国内から任用され、国内に任に堪える人材がいない場合には傍国からの任用を許した。さらに703年(大宝3)には、傍国にもいない場合、中央から任命することになった。当国の国博士は徭役(ようえき)を、傍国のものは課役のすべてを免じられ、また職分田(しきぶんでん)6段と公廨稲(くがいとう)が支給された。[荒木敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国博士
くにはかせ
①645年大化の改新の際の政治顧問
②律令制下,諸国の国学に置かれた教官
留学先の唐から帰った高向玄理 (たかむこのげんり) ・僧旻 (みん) が任命され,改新政治の政策を立案した。
1国1名で,郡司の子弟を教育した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国博士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国博士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation