@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国土回復運動【こくどかいふくうんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国土回復運動
こくどかいふくうんどう
Reconquista
711~1492年にイベリア半島を支配したイスラム教徒に対し,征服された国土を回復しようとする主としてキリスト教徒スペイン人の約 780年にわたる民族的運動。イスラムのイベリア征服に伴い,西ゴート貴族(→ゴート人)の一部は北方カンタブリカ山脈,東方のピレネー山脈方面に逃れ,これらの地域を起点として国土回復運動を始めた。まず西方では,718年,西ゴート王ロドリゴの甥といわれるペラヨがコバドンガの戦いで勝利を収め,ゴート王を称しアストゥリアス王国を形成。オルドニョ2世時代はレオンを首府とし,ドーロ渓谷まで発展,10世紀半ばまでにレオン王国カスティリア王国が形成された。これらキリスト教諸国王は戦闘力増強のため,貴族,教会に政治・経済上の特権を与え,農民には土地,移住特許状を,都市には特権保障の特許状を与えた。東方では,ピレネー山脈周辺のナバラ=バスクが運動の中心となり,ナバラは 10世紀に,アラゴンは 11世紀に独立を得た(→アラゴン王国ナバラ王国)。アラゴンは運動の先頭に立ち 1118年サラゴサを占領,エブロ渓谷を支配し発展した。11世紀イスラム勢力の衰退とともにキリスト教諸国は急速に発展し始め,13~15世紀にかけてこれらの運動はスペイン統一国家建設の運動のかたちで進められ,1212年ラス・ナバス・デ・トロサの戦いでキリスト教側は決定的な勝利を収めた。1236年コルドバ,1248年セビリア,1343年アルヘシラスを回復し,ついにカスティリア王国のイサベル1世とアラゴン王国のフェルナンド2世によるスペイン統一国家の誕生後,1492年イスラム最後の拠点グラナダも陥落して,国土回復運動は完了した。
また 8世紀からイスラムの支配下に入ったポルトガルでも国土回復運動が進められ,ポルトガル伯アフォンソ・エンリケス(→アフォンソ1世)は,1138年オーリケの戦いでムーア人を破り,1143年ポルトガル王国を建国。1249年アフォンソ3世はムーア人からファロを奪還し,スペインよりも約 1世紀半早く国土回復運動を完了した。(→スペイン史ポルトガル史

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

国土回復運動
こくどかいふくうんどう
Reconquista
キリスト教徒によるイベリア半島からのイスラーム勢力の駆逐運動。「レコンキスタ
スペイン語の「再征服」の意。8世紀初めのイスラーム勢力の侵入以後,15世紀まで約800年間続いた。11世紀中ごろから北方のキリスト教国(レオン王国・カスティリャ王国・アラゴン王国など)によって本格的に展開され,13世紀にはコルドバ(1236)・セビリャ(1248)・バレンシア(1253)などを回復。その後一時中断したが,カスティリャとアラゴンの合併による統一国家スペインの出現後,1492年イスラーム最後の拠点グラナダの陥落で完成した。この運動も十字軍の一種と考えられる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国土回復運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国土回復運動の関連情報

関連キーワード

アル・アンダルスロドリゴロドリゴコンスタンチヌススペイン史レコンキスタコロンブス太安麻呂ユスチニアヌス2世慰謝料

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation