@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国土【コクド】

デジタル大辞泉

こく‐ど【国土】
一国の統治権の及ぶ範囲の土地。領土。「国土を防衛する」
その国の土地。大地。「国土の開発」
ふるさと。郷土。
仏語。すべての生命あるものが住む所。
[補説]書名別項。→国土

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こくど【国土】[書名]
東野辺薫小説。昭和16年(1941)東京日日新聞の懸賞小説に入選、同年「サンデー毎日に掲載された、著者のデビュー作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こくど【国土】
一国が領有する土地。国内の土地。
土地。大地。 降る雨の-をうるほす/平家 1
ふるさと。郷土。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くに‐つち【国土】
〘名〙 大地。国。こくど。
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「二(ふたはしら)の神是(ここ)に彼の嶋に降居(あまくたりま)して因りて共為夫婦(みとのまくはひ)して洲国(クニツチ)を産生(う)まむとす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく‐ど【国土】
〘名〙
① 一国の統治権の及ぶ地域。領土。
※押小路家本今昔(1120頃か)一「我二万の夫人も要ならず。千の国土も又要ならず」 〔漢書‐王莽伝下〕
② 土地。大地。
※続日本紀‐神亀五年(728)正月甲寅「山河異域、国土不同」
③ ふるさと。郷土。
※金沢文庫古文書‐(年未詳)(鎌倉後)正月二〇日・俊海書状(二・一四二九)「令精誠給候者、為国土門徒、尤可本望候」
④ 仏語。一切の衆生の住する所。山河、大地などの国土世間(器世間)。
※観智院本三宝絵(984)下「諸仏の国土も又々如此し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation