@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国幣社【コクヘイシャ】

デジタル大辞泉

こくへい‐しゃ【国幣社】
官幣社に次ぐ社格神社。古くは国司から幣帛(へいはく)を奉り、明治以降は祈年祭新嘗祭(にいなめさい)には皇室から、例祭には国庫から幣帛が奉られた。大社中社小社の別があり、主に国土経営に功績のあった神を祭る。昭和21年(1946)廃止。→官幣社

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくへいしゃ【国幣社】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくへいしゃ【国幣社】
「延喜式神名帳」に記載された神社のうち、国司より幣帛を奉献した神社。
明治になって制定された社格のうち、国庫より幣帛を捧げた神社。大・中・小の別がある。国土経営に功績のあった神をまつるものが多い。第二次大戦後廃止。国社。 → 社格

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国幣社
こくへいしゃ
神社の社格の一つ。神社が国家管理下にあった時代、律令制(りつりょうせい)下、国司の庁から幣帛(へいはく)を奉られた神社の総称。明治の制では祈年(きねん)祭・新嘗(にいなめ)祭に皇室から幣帛が、例祭には国庫から幣帛料が供進(きょうしん)された。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくへい‐しゃ【国幣社】
〘名〙
① 古く、国司から幣帛(へいはく)を奉った官幣社に次ぐ社格の神社。国社。
② 明治以降、第二次大戦終戦までの間、地方官がこれをまつり、祈年祭、新嘗祭には宮内省から、例祭には国庫からそれぞれ幣帛料が供進された神社。大社・中社・小社の三等級があり、国土経営に功績のあった神をまつったもの。国社。
※太政官布告‐明治四年(1871)五月一四日「中小六十二社地方官所祭為国幣社

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国幣社
こくへいしゃ
神社の社格の一つ
平安時代の『延喜式』にみられ,南北朝時代以降衰退した。1871年に再興され,神祇官の祭る宮幣社に対し,地方官の祭る神社を国幣社とした。1945年廃止。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国幣社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国幣社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation