@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国民および部門別貸借対照表【こくみんおよびぶもんべつたいしゃくたいしょうひょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国民および部門別貸借対照表
こくみんおよびぶもんべつたいしゃくたいしょうひょう
national and sector balance sheets
国民経済計算のストック (資産) を扱う勘定をいう。国民所得勘定産業連関表資金循環勘定はいずれもフロー (所得) を扱うものであってストックは扱われない。生産および生活の基盤となる土地・機械・住宅などの有形固定資産ストック,特許権・著作権などの無形固定資産ストック,金融資産ストックの全部門および各制度部門別の資産存在高とその持分関係を表示したもので,各資産の評価は評価時点の市場価格 (たとえば固定資産の評価はその資産の再調達価格) で行われる。日本では 1955年以降5年ごとに 70年にいたるまで土地を除く有形固定資産について経済企画庁による国富調査が行われた。また金融資産ストックに関しては 54年以降金融資産負債残高表 (この増減分が資金循環勘定) が日本銀行によって作成されている。新国民経済計算体系 (新 SNA) 推計では上記の結果を基本とし,新たに土地評価額の推計を行なって 70年以降の国民および部門別貸借対照表を作成している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民および部門別貸借対照表」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民および部門別貸借対照表の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation