@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国民の祝日に関する法律【こくみんのしゅくじつにかんするほうりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国民の祝日に関する法律
こくみんのしゅくじつにかんするほうりつ
昭和23年法律178号。国民が祝い,感謝し,記念すべき日を「国民の祝日」として定める法律。祝日法と略称される。国民の祝日は,元日(1月1日),成人の日(1月第2月曜日),建国記念の日(2月11日〈政令で定める日〉),春分の日(春分日),昭和の日(4月29日),憲法記念日(5月3日),みどりの日(5月4日),こどもの日(5月5日),海の日(7月第3月曜日),山の日(8月11日),敬老の日(9月第3月曜日),秋分の日秋分日),体育の日(10月第2月曜日),文化の日(11月3日),勤労感謝の日(11月23日),天皇誕生日(2月23日)。国民の祝日は休日となり,国民の祝日が日曜日にあたるときは,その日以降で最近の平日に休日が振り替えられる。また,前日と翌日を国民の祝日に挟まれた平日は休日となる。祝日法は 1948年に施行され,たびたび改正された。1998年の改正では,1月15日であった成人の日と 10月10日であった体育の日をそれぞれ同月の第2月曜日とし,2000年に施行された。2001年の改正では,7月20日であった海の日と 9月15日であった敬老の日を同月の第3月曜日とし,2003年に施行された。2005年の改正では,4月29日を昭和の日に,4月29日であったみどりの日を 5月4日とし,2007年に施行された。2014年には 8月11日が山の日とされ,2016年に施行された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民の祝日に関する法律」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民の祝日に関する法律の関連情報

関連キーワード

召喚対抗力ケベック州言語法強姦罪死刑召喚性犯罪争点証拠整理手続テトラサイクリン系抗生物質ロシア議会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation