@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国民の祝日【コクミンノシュクジツ】

デジタル大辞泉

こくみん‐の‐しゅくじつ【国民の祝日】
国民一般の公的な祝い日。昭和23年(1948)7月制定の「国民祝日に関する法律」および同法律のその後の改正によって定められた休日。→ハッピーマンデー
[補説]国民の祝日一覧
元日(1月1日)
成人の日(1月の第2月曜日
建国記念の日(2月11日)
天皇誕生日(2月23日)
春分の日(3月21日ごろ)
昭和の日(4月29日)
憲法記念日(5月3日)
みどりの日(5月4日)
こどもの日(5月5日)
海の日(7月の第3月曜日)
山の日(8月11日)
敬老の日(9月の第3月曜日)
秋分の日(9月23日ごろ)
スポーツの日(10月の第2月曜日)
文化の日(11月3日)
勤労感謝の日(11月23日)
東京オリンピックパラリンピックのため、令和2年(2020)に限り、海の日は7月23日に、スポーツの日は7月24日に、山の日は8月10日に移動。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくみんのしゅくじつ【国民の祝日】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくみんのしゅくじつ【国民の祝日】
国民の祝日に関する法律によって、祝日と定められている日。この日は休日となる。また、「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とし、その前日および翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る)は、休日となる。旧来の祝祭日に代わって 1948 年(昭和 23)7 月に制定され、この後増加して 15 の祝日がある。元日(1 月 1 日)・成人の日(1 月の第 2 月曜日)・建国記念の日(政令で定める日、2 月 11 日)・春分の日(春分日、前年に官報で発表)・昭和の日(4 月 29 日)・憲法記念日(5 月 3 日)・みどりの日(5 月 4 日)・こどもの日(5 月 5 日)・海の日(7 月の第 3 月曜日)・敬老の日(9 月の第 3 月曜日)・秋分の日(秋分日、前年に官報で発表)・体育の日(10 月の第 2 月曜日)・文化の日(11 月 3 日)・勤労感謝の日(11 月 23 日)・天皇誕生日(12 月 23 日)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国民の祝日
こくみんのしゅくじつ
国で定めた国民の祝いの日で、休日となる。1948年(昭和23)7月20日施行の「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律178号)によって、9日の祝日(休日)が定められた。すなわち、元日(1月1日)、成人の日(1月15日)、春分の日(春分日)、天皇誕生日(4月29日、現在は2月23日)、憲法記念日(5月3日)、こどもの日(5月5日)、秋分の日(秋分日)、文化の日(11月3日)、勤労感謝の日(11月23日)であった。1966年法改正で建国記念の日(政令で定める日、2月11日)、敬老の日(9月15日)、体育の日(10月10日)が制定され、1973年からは、祝日が日曜日と重なる場合は、月曜日が振替えの休日となった。また、1985年の改正では、「前日及びその翌日が『国民の祝日』である日は休日とする」とされ、そのため5月4日が休日となり、5月3日から5日まで連続して休日となった。1989年(平成1)にみどりの日(4月29日、2007年から5月4日)、1995年に海の日(7月20日)、2005年(平成17)に昭和の日(4月29日。2007年より実施)、2014年に山の日(8月11日。2016年より実施)が定められ、年間の祝日数は16日となった。1998年改正で、2000年から成人の日が1月15日より1月第2月曜日に、体育の日が10月10日より10月の第2月曜日に変更された。また、2001年改正により、2003年から海の日が7月20日より7月第3月曜日に、敬老の日が9月15日より9月第3月曜日に変更された。2005年改正では祝日が日曜日にあたるときは、その日の後においてその日にもっとも近く、かつ祝日でない日を休日とすることとなった。[上野文枝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくみん【国民】 の 祝日(しゅくじつ)
旧来の祝祭日を廃止して、日本国憲法のもとに新しく制定された国民の祝祭日。昭和二三年(一九四八)七月に制定。元日、成人の日(もと一月一五日。現在は一月の第二月曜)、春分の日(三月二一日ごろ)、天皇誕生日(四月二九日)、憲法記念日(五月三日)、こどもの日(五月五日)、秋分の日(九月二三日ごろ)、文化の日(一一月三日)、勤労感謝の日(一一月二三日)。昭和四一年六月に建国記念の日(二月一一日)、敬老の日(もと九月一五日。現在は九月の第三月曜日)、体育の日(もと一〇月一〇日。現在は一〇月の第二月曜)が加えられ、昭和四七年には、祝日が日曜日に当たるときは月曜日を代替休日とすることに改定された。また、昭和天皇崩御にともない、四月二九日はみどりの日となり、天皇誕生日は一二月二三日となる。平成七年(一九九五)海の日(もと七月二〇日。現在は七月の第三月曜日)が新たに加わった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民の祝日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民の祝日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation