@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国民年金空洞化【こくみんねんきんくうどうか】

知恵蔵

国民年金空洞化
国民年金に加入しなかったり(未加入)、保険料を納めない(未納)人が増え、年金制度信頼を揺るがす問題となっていること。社会保険庁の調査では2004年度の保険料未納が424万人、未加入が36万人で計460万人だった。加入対象者全体(加入者である第1号被保険者2217万人と未加入36万人を足したもの)に占める未納・未加入の割合を空洞化率とすると、20%となる。なお05年度の国民年金保険料の納付率は67.8%(暫定値)で、前年に引き続き低迷が続いている。
(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

国民年金空洞化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民年金空洞化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation