@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国民民主党【こくみんみんしゅとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国民民主党
こくみんみんしゅとう
日本の政党。1950年4月28日,民主党派と国民協同党,新政治協議会が合同して発足した。1950年初め,吉田茂民主自由党が民主党連立派を吸収自由党を発足させたのに対抗し,保守左派的政党として結成。最高委員長は苫米地義三,幹事長は千葉三郎,のち三木武夫。サンフランシスコ講和会議(→対日講和条約)参加をめぐり国民民主党党内は論議が沸騰,苫米地委員長は「講和条約には調印するが,日米安全保障条約には調印しない」条件で全権団の一員となった。講和後同党は,新政クラブ(立憲民政党系)の追放解除者を迎え,また農民協同党などを集め,1952年2月8日改進党を結成して解党した。(→自由民主党

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

国民民主党
民進党を存続させ、希望の党が解散したうえで一部が合流する「存続合併」の形をとる。民進、希望の議員から不参加表明が相次ぎ、県内では民進の斎藤嘉隆参院議員が7日に離党し、無所属になる方針。民進地方議員は自動的に国民民主の所属となるため、1~2日に県議と市議計17人が離党届を出した。
(2018-05-06 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こくみんみんしゅ‐とう〔‐タウ〕【国民民主党】
平成30年(2018)5月、民進党希望の党が合流して結成された政党。平成31年(2019)自由党を吸収。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくみんみんしゅとう【国民民主党 Narodowa Demokracja】
19世紀末~20世紀初めにポーランドナショナリズムを指導した政党。ふつうエンデツィアEndecjaと呼ばれる。一月蜂起(1863)の敗北とその後の厳しい弾圧に対する反省から,1870年代を風びしたポジティビズムも,80年代に入って蜂起後の世代が育ってくるとともに,その非政治的な姿勢が批判されるようになった。そのような風潮のなかで87年,Z.ミウコフスキら一月蜂起の生残りたちがスイスでポーランド連盟Liga Polskaを結成し,再び独立運動を再開するよう呼びかけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵mini

国民民主党
日本の政党。2018年5月7日、前年の第48回衆議院議員総選挙を機に分裂した民進勢力の再結集を目指し、民進党と希望の党が合流して発足した。しかし、民進党では18年5月7日午前までに岡田克也元代表や野田佳彦前首相などが離党届を提出、希望の党では樽床伸二元総務相、大串博志衆議院議員などが無所属になると表明し、両党からの参加者は約6割の60人程度にとどまる見込みとなった。党首は同年9月の代表選で正式に選出するまで、暫定的に民進党の大塚耕平代表と希望の党の玉木雄一郎代表が共同代表を務めるとしている。
(2018-5-8)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国民民主党
こくみんみんしゅとう
第二次世界大戦後の保守政党(1950〜52)
日本民主党の野党系と国民協同党などが合同して成立。自由党内閣に対して野党の立場をとったが,党勢不振で分裂。1952年2月,農民協同党・新政クラブ・衆院第一クラブと合同し,日本改進党を結成した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民民主党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民民主党の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広森一生

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation