@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国民生活安定緊急措置法【こくみんせいかつあんていきんきゅうそちほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国民生活安定緊急措置法
こくみんせいかつあんていきんきゅうそちほう
昭和 48年法律 121号。この法律は 1973年末のいわゆる「石油危機」に際して制定されたものである。物価の高騰その他の日本の経済の異常な事態に対処するため,国民生活との関連性が高い物資および国民経済上重要な物資の価格および需給の調整などに関する緊急措置を定めている。特に指定物資のうち標準品目について標準価格を設定できるほか,政令で指定する一定の物資の生産,輸入保管設備投資に対する指示や特定地域の供給不足に対する指示をすることができ,指示に違反するには公表措置がとられることと定められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくみんせいかつあんていきんきゅうそちほう【国民生活安定緊急措置法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

国民生活安定緊急措置法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民生活安定緊急措置法の関連情報

関連キーワード

自衛隊裁判都内の交番統廃合計画アンチモングラックス兄弟今市(栃木県)恵庭事件差押え田島マンネル漢の時代(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation