@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国民革命【こくみんかくめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国民革命
こくみんかくめい
Guo-min ge-ming
1924~27年中国共産党と中国国民党が,反帝国主義,反軍閥を目指す民族統一戦線を結成して推進した革命。 22~28年とする説,中国国民党によって実践される革命とする説 (このなかでも〈1〉1924年の国民党改組から 28年の北伐完了までとする説,〈2〉同じく国民党改組から 48年5月「憲政期」移行までとする説などに分れる) などもある。第1次国内革命戦争と呼ばれる時期の中国革命であるともいえる。 24年1月の国民党一全大会で国共合作が正式に成立し,国民党がその政策に反帝国主義,反軍閥を明確に取入れ,ソ連との連帯,容共,労農援助の三大政策を打出したことによって,中国革命は新しい段階を迎えた。新たに民族的統一戦線が結成され,広範な国民大衆がこれに参加,積極的な役割をにないはじめた。統一戦線の具体的な表現として,すでに 23年から開始されていた国民会議運動が制度的,平和的手段として積極的に推進された。労働運動の高揚,農民運動の拡大のなかで,25年五・三〇事件が起り,上海でのゼネストを生み,26年から始る北伐の進行過程で国民革命軍は労農大衆の強力な支援のもとに破竹の進撃を続けたが,27年4月蒋介石上海クーデターによって統一戦線は崩壊しはじめ,7月の武漢政府の反共決定によって国民革命は挫折した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくみん‐かくめい【国民革命】
1925年から1928年にかけて、蒋介石(しょうかいせき)の国民革命軍が北伐によって北方軍閥を破り、中国を統一した革命。共産党との同盟に基づいて始めたが、のちに分裂した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくみんかくめい【国民革命 Guó mín gé mìng】
1920年代の中国でおこなわれた,北洋軍閥を打倒して国民党の支配を確立した革命。1927年の国共分裂をに前後期にわかれ,性質は一変する。五・四運動後の1919年10月,孫文はみずから党派の名称を中国国民党と定め,広東を根拠地に段祺瑞の北京政府と対抗した。しかし陳炯明(ちんけいめい)の裏切りにあって22年8月,上海に走った孫文はソ連代表とも接触し,国共合作に踏み切った。24年1月,広州における国民党第1期全国代表大会では,連ソ・容共・労農援助の三大政策をともなう新三民主義の旗印のもと,国共合作の方針に見合う改組が断行され,反帝国主義・反軍閥の革命綱領が確定された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

国民革命
こくみんかくめい

中国、第一次国共合作期の革命運動。1920年代に入り、中国国民党が三民主義に反帝国主義、反軍閥の内容を明瞭(めいりょう)に盛り込み、連ソ容共・工農扶助の三大政策を打ち出し、それにより国共合作が成立して以後、五・三〇事件に始まる民族解放闘争が空前の高まりをみせた。これが国民革命とよばれるものである。この国民革命の高まりのなかで、国民政府は中国共産党の支援、協力のもとで北方軍閥の打倒を目ざす北伐戦争を開始することを決め、26年7月蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)を総司令として国民革命軍を北上させた。北伐軍は早くも年内に南方の6省を席巻(せっけん)し、呉佩孚(ごはいふ/ウーペイフー)、孫伝芳(そんでんほう)らの軍閥を破って北方の張作霖(ちょうさくりん/チャンツオリン)と対峙(たいじ)した。しかし国民政府内部の左右の対立は、蒋介石による南昌(なんしょう/ナンチャン)占領後、決定的段階に達した。蒋介石は27年4月12日、まず手始めに上海(シャンハイ)でクーデターを引き起こし、ここに第一次国共合作は終わり、国民革命は挫折(ざせつ)した。それ以降、真の意味の国民革命の課題は、中国共産党と党が指導する人民大衆の新民主主義革命へと引き継がれていった。

[山下龍三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくみん‐かくめい【国民革命】
一九二〇年代に高まった中国の革命運動。三民主義を掲げる国民党が中国共産党の支持、協力を得て北方軍閥打倒を目ざした第一次国共合作期の運動。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

国民革命
こくみんかくめい
軍閥が実権を握る中華民国政府を倒し,共和制にもとづく国家建設をめざす中国の政治変革運動
1924年の中国国民党改組と国共合作の方針決定から,28年の北伐完了までの時期をさす。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民革命」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民革命の関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation