@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国王至上法【こくおうしじょうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国王至上法
こくおうしじょうほう
Acts of Supremacy
1534年イギリス宗教改革に際し,国王をイギリス国教会の「唯一最高の首長」と規定した法。首長令とも訳す。王妃カサリンとの離婚問題の紛糾からローマ教会からの離脱を決意した国王ヘンリー8世が,議会を通過させて発布した。これによりイギリス国教会が成立。その後,59年エリザベス1世が2度目の国王至上法を発布し,「唯一最高の首長」を「唯一最高の統治者」という表現に変えて,国教会体制を強化した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくおうしじょうほう【国王至上法 Act of Supremacy】
英国国教会において,国王が異端悪弊を改革・矯正する権限をもったこの世における唯一至上の首長supreme headであるということを宣言した1534年のイギリスの法律。首長令とも訳される。これはローマ教皇権の破棄とともに国家教会における国王至上権の確立を示すものであり,国王ヘンリー8世と王妃キャサリンの離婚問題を契機としてはじまった宗教改革において,教権と俗権の対立は一つの決着をみた。メアリー1世時代にはローマ教会への復帰によってこの法は撤廃されたが,エリザベス1世の登位によって1559年再度〈国王至上法〉が議会を通過し,女王はすべての霊的・教会的事柄における唯一至上の統治者supreme governorであるとされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくおうしじょうほう【国王至上法】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国王至上法
こくおうしじょうほう
Act of Supremacy
首長令ともいわれる。1534年および59年のイギリス議会で定められた法令。前者では国王がイングランド教会の「唯一最高の首長」the only Supreme Headであり、かつ、あるべしとうたわれている。ヘンリー8世の離婚問題を契機として始まった宗教改革は、33年の上納禁止法を経て国王至上法の制定をみ、ここにいちおうの完結を迎え、イングランド教会のローマ・カトリック教会からの独立と、教会の国家への従属が確実にされた。その後、メアリー1世治世時のカトリック復活のあとでイングランド教会の再建に踏み出したエリザベス1世は、59年、最初の議会でふたたび国王至上法の通過を図り、これに成功した。そこでは、前女王の定めた、改革の方向を否定する反動立法がすべて廃止され、父王ヘンリー8世のとった措置の多くを有効としたが、至上性を表す称号を「唯一最高の首長」から「唯一最高の統治者」the only Supreme Governorに変更している。[植村雅彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国王至上法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国王至上法の関連情報

関連キーワード

伯爵戦争クレメンス宇喜多能家クレメンスパウルス3世イグナティウス・デ・ロヨラサンガッロパウルス(3世)ラブレーイエズス会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation