@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国画会【こくがかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国画会
こくがかい
美術団体。 1918年1月に土田麦僊村上華岳,小野竹喬ら5名の日本画家が国画創作協会結成。 25年3月に川島理一郎梅原龍三郎らの洋画家を迎え洋画部 (版画を含む) として第2部を設置。その後工芸彫刻を加えて 28年まで公募展を開催。同年4月第1部 (日本画) は解散を声明したが,第2部は国画会と改称して独立発足し,絵画部,版画部,工芸部,写真部,彫刻部などを設けて現在にいたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくが‐かい〔コクグワクワイ〕【国画会】
美術団体。昭和3年(1928)国画創作協会解散に際して、第二部(洋画・工芸・彫刻)の梅原竜三郎富本憲吉らによって発足。のち、版画部・写真部を設置。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくがかい【国画会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

国画会
こくがかい

洋画、版画、彫刻、工芸、写真の美術団体。1928年(昭和3)国画創作協会第一部(日本画)は解散したが、26年から新設された第二部(洋画、工芸、彫刻)は存続し国画会と改称したのに始まる。旧会員の梅原龍三郎(りゅうざぶろう)、川島理一郎、富本憲吉、金子九平次(くへいじ)、山脇信徳(やまわきしんとく)のほかに河野通勢(つうせい)、椿貞雄(つばきさだお)らが加わり、29年4月、最初の展覧会を、旧国画創作協会第二部併設以来の回数を追って第4回展として開催した。その後31年に平塚運一が版画部を、39年に野島康三らが写真部を設置、同年彫刻部は解散したが、旧日本美術院彫刻部の山本豊一らによって結成されたグループが加わり63年(昭和38)に再組織された。現在毎年春に公募展を開催。

[佐伯英里子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくが‐かい コクグヮクヮイ【国画会】
美術団体。大正七年(一九一八)土田麦僊(ばくせん)らが結成した国画創作協会の洋画部(同一五年設置)で、昭和三年(一九二八)同会解散後独立して発足。現在は絵画、版画、彫刻、工芸、写真の各部がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国画会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国画会の関連情報

関連キーワード

ロシア革命史(年表)牧野省三東欧史(年表)ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動第1次世界大戦芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation