@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国立健康・栄養研究所【こくりつけんこう・えいようけんきゅうじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国立健康・栄養研究所
こくりつけんこう・えいようけんきゅうじょ
栄養を基盤とした食生活改善のための調査研究を行ない,公衆衛生向上増進をはかる国立の研究所。 1920年に内務省栄養研究所として創設され,1938年厚生省設置と同時に同省に移管国立栄養研究所になる。 1989年国立健康・栄養研究所に名称を変更し,2001年に独立行政法人となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

国立健康栄養研究所
 旧厚生省(現厚生労働省)の機関で,1920年に国立栄養研究所として設立され,栄養学研究が主目的であったが,1989年,改組されて国立健康・栄養研究所となり,2001年独立行政法人国立健康・栄養研究所になった.「国民の健康と栄養に関する調査研究を行い,国民の健康増進に寄与する」ことを目的としている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国立健康・栄養研究所
こくりつけんこうえいようけんきゅうじょ
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所を構成する研究所の一つ。国民の栄養改善を目的として創立された日本で唯一の健康と栄養に関する総合研究所。国民の健康・栄養状態に対応して研究目標を時代に適応させてきている。英語名はNational Institute of Health and Nutrition、略称はNIHN。1920年(大正9)「栄養研究所」として内務省に創設。1938年(昭和13)厚生省へ移管、その後、幾度かの合併、改組を経て、1947年(昭和22)「国立栄養研究所」となった。1949年より厚生省の付属機関。1989年(平成1)、国立健康・栄養研究所と改称された。2001年(平成13)1月、省庁再編に伴い厚生労働省の施設等機関となり、同年4月に独立行政法人となった。[宮崎基嘉]
 2015年4月、独立行政法人医薬基盤研究所との統合により医薬基盤・健康・栄養研究所となり、同研究所内の組織の一つとなった。所在地は東京都新宿区戸山。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立健康・栄養研究所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国立健康・栄養研究所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation