@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国立循環器病研究センター【コクリツジュンカンキビョウケンキュウセンター】

デジタル大辞泉

こくりつ‐じゅんかんきびょうけんきゅうセンター〔‐ジユンクワンキビヤウケンキウ‐〕【国立循環器病研究センター】
脳卒中心筋梗塞高血圧などの循環器病に関する診断・治療、調査・研究、専門医療従事者の研修・育成を行う、厚生労働省所管の国立研究開発法人国立高度専門医療研究センターの一つ。昭和52年(1977)開設。平成22年(2010)独立行政法人移行。大阪府吹田市に病院と研究所がある。国循NCVC(National Cerebral and Cardiovascular Center)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

国立循環器病研究センター
心臓病や脳卒中などの循環器病を対象とする高度専門医療研究施設として、1977年に設立。2010年に独立行政法人へ移行した。併設の病院の病床数は約600。18年度には吹田市内の旧国鉄吹田操車場跡地に移転することになっている。
(2014-11-18 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

国立循環器病研究センター
こくりつじゅんかんきびょうけんきゅうせんたー
循環器病を対象とする高度専門医療の研究を行う、厚生労働省所管の国立研究開発法人(独立行政法人)。英語名はNational Cerebral and Cardiovascular Center、略称はNCVC。「高度専門医療に関する研究等を行う国立研究開発法人に関する法律」(平成20年法律第93号)に基づく、医療に関する六つのナショナルセンター(国立高度専門医療研究センター)の一つである。1977年(昭和52)、国立循環器病センターとして設立。2010年(平成22)4月、独立行政法人となり、2015年4月、国立研究開発法人に移行した。本部の所在地は大阪府吹田(すいた)市藤白台5-7-1。
 設立の目的は、循環器病関連医療に関し、調査、研究および技術開発、医療の提供、技術者の研修等を行うことにより、循環器病に関する高度かつ専門的な医療の向上を図ることである。おもな業務は以下のとおりである。(1)循環器病関連医療に関する調査、研究および技術開発。(2)循環器病に関する医療の提供。(3)循環器病医療の技術者の研修。(4)前記(1)~(3)の成果の普及および政策提言。機関の特徴として病院と研究機関との一体化があり、臨床現場の課題を研究にフィードバックし、研究成果を臨床にただちに反映させている。心臓病の患者と脳卒中患者とは心臓や他の血管に関して研究面での共通性があるため、心臓血管と脳血管部門が連携して最先端の医療を提供していることも特徴である。また、高度専門医療機関として草創期から心臓移植を行っており、移植関係学会合同委員会が認定する国内10か所の心臓移植実施施設の一つとして、2017年7月までに100例の心臓移植が実施されている。10歳以下の小児の心臓移植を行うことができる4施設の一つでもあり、小児心臓移植の実施に向けて関連部門を整備している。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立循環器病研究センター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国立循環器病研究センターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation