@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国衙領【こくがりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国衙領
こくがりょう
平安時代後期以後,私領である荘園に対して,国衙すなわち国司の直接支配下にある土地をいう。古くは,国司が管理していた公田をさした。一方,班田収授法を中心とする土地公有制度は,9~10世紀には早くも行きづまり,『墾田永世私財法』によって荘園化の道をたどった。公田もこの荘園制発展の影響を受けて,国司自身の私領となり,ついには荘園と本質的にはまったく同じものとなった。これが国衙領である。国衙領における租税徴収なども,荘園と同様に,名主に対して,名田の広さに応じて賦課するという土地を対象とする賦課が,人身賦課に代ってとられた。受領と呼ばれる国司が,この国衙領を私有することによって,財政的基礎を獲得し,院の側近集団を形成して,院政の重要なにない手となった。この国衙領も,鎌倉時代末期以降はその大部分が,皇室領寺社領となって,荘園とまったく同質のものとなっていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくがりょう【国衙領】
中世において,荘園とならず諸国の国衙が支配した公領。国領とも称した。律令制の口分田(くぶんでん)・公田をその前身とし,平安時代10世紀の国制改革を経て成立した王朝国家体制下の公田に始まる。その支配方式は,国司が国内郡郷の公田数を検田帳や国図によって把握し,〈(みよう)〉を単位として負名あるいは田堵(たと)と呼ばれる大小の経営者に公田の耕作を請け負わせ,〈名〉の田数に応じて租税官物,諸雑事等を賦課し,これを徴収することを基本とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくがりょう【国衙領】
平安後期以降、荘園化せず国衙の支配下に置かれた領地。国領。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国衙領
こくがりょう
11世紀ごろから荘園制(しょうえんせい)社会となって、荘園が各地で増加する一方、特定の荘園領主をもたない公領もかなり残存していた。これを国衙領という。国衙領は11世紀40年代以降、郡、郷、保(ほ)、村、名(みょう)などの諸所領から構成されるようになるが、もはや律令制(りつりょうせい)下の郡―郷組織のような統一的組織ではなく、国衙(諸国の政庁)と郡、郷、保など諸所領との結び付きは、国あるいは同じ国内でも郡によって異なった。このような多様なあり方を示すようになるのは、在地領主や住人らを中心とする共同体からなる所領が形成されてくる形態が地域によって多様であったからと考えられる。国の下に郡が基本単位となってその内部に村や郷が含まれるものや、旧来からの郷が国に直結するものもあった。保は、その領域から出す官物(かんもつ)あるいは雑役(ぞうやく)のいずれかを特定の給主に納めるが、国衙の支配が行われる限りでは国衙領であった。国衙領の諸所領はいずれも、荘園領主を仰ぐようになって官物、雑役を荘園領主に納める関係になれば、即座に荘園となるもので、国衙領の所領も、荘園も、質的な相違はなかった。[坂本賞三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくが‐りょう ‥リャウ【国衙領】
〘名〙 国衙の支配下にある土地。国衙が租を徴収する田地。平安時代以来、荘園の増大に伴って公領(国衙領)は相対的に減少し、荘園の不入の傾向が強くなると公領としての性質が明確に意識されるようになった。荘園と対応する語。国衙。国衙分。国領。公領。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国衙領
こくがりょう
平安後期以降,国衙の支配下にあった土地
公領ともいい,私領である荘園に対していう。本来は公田であったが,荘園の増加とともに公領内部にも成長していた田堵 (たと) ・名主 (みようしゆ) らによりしだいに私有地化していった。これに対し国司は荘園と同じように人身賦課から土地を対象とする賦課に切り換え,中央政府には一定の租税を納めるだけになった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくが‐りょう〔‐リヤウ〕【国×衙領】
平安後期以後、国衙の支配下にあった土地。国領。国衙。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国衙領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国衙領の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation