@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国訴【こくそ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国訴
こくそ
江戸時代における農民闘争の一形態。農民層あるいは在郷商人層が特定領地越えた広範囲で連絡,結束して大名や都市の株仲間に対抗した運動。一揆と異なり,越訴強訴暴動などの非合法手段をとらず,合法的手段によった。文政6 (1823) 年,摂津国河内国の 1007ヵの,綿作,菜種をめぐる国訴が最初といわれる。江戸時代末期に頻発した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こく‐そ【国訴】
江戸時代、農民の合法的な訴願闘争。主に畿内において、闘争の参加者が郡・国もしくはこれを越えた規模にまで拡大したものをいう。化政期(1804~1830)以降、幕末にかけて頻発した。くにそ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくそ【国訴】
〈くにそ〉とも読む。幕藩制下の社会ですでに使用されていた用語で,1823年(文政6)に実綿繰綿に関して,その売買の“自由”をめぐって摂津,河内の両国1007ヵ村が連合して闘った法廷闘争のときに用いられたのが始まりである。その後これに類似する事件に用いられた。その特色は,商品経済の発展前提として,行政的には入組支配の村々にもかかわらず,支配関係を越え,郡からさらに国の規模を越えて,広範な地域にまで拡大して闘われた反封建的な農民闘争であったことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くにそ【国訴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こく‐そ【国訴】
〘名〙 江戸時代の農民闘争の一種。主に、化政期(一八〇四‐三〇)以降畿内を中心に行なわれたもので、闘争に参加する農民が国、郡にまたがる大規模なもの。多くは在郷商人が指導し、領主、都市株仲間の流通独占に反対し、訴訟という合法的な手段によって対抗したもの。くにそ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国訴
こくそ
江戸後期,郡・国の広範囲にわたっておこった合法的農民闘争
都市の問屋・株仲間や領主の専売制に反対して,おもに在郷商人の指導下に,暴動などではなく合法的な訴訟で闘った。ことに菜種・棉の生産地帯の畿内や,機業のさかんな北関東に多くおこった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国訴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国訴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation