@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国語国字問題【こくごこくじもんだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国語国字問題
こくごこくじもんだい
国語の運用にあたって言語政策にかかわってくる問題を広く国語問題というが,日本では表記法,文字に関する問題が中心的位置を占めてきたので,国語国字問題といっている。文字に関しては,現在漢字仮名交り文が正式とされているが,すべてかなにすべきであるというカナモジ論,ローマ字にすべきであるというローマ字論も,ある程度の勢力をもっている。さらに,コミュニケーションの改善を目的として,漢字の制限とかなづかいの統一が考えられ,当用漢字教育漢字が選定され,現代かなづかいが制定されたが,これらには多くの反対論もある。漢字の読みの制限の問題,送り仮名の問題も,いまなお議論が絶えない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくごこくじもんだい【国語国字問題】
日本語の表記を簡単にやさしくし,正しい日本語を日本人が読み書き話すようにしようとするために生じてくる,種々の文化上の問題をさす。
[問題の発生]
 明治初年ヨーロッパと交通が開けてみると,アルファベットの簡単な西洋語にくらべて,日本語が多くの漢字を学習せねばならず,文字学習の負担が大きいことを見て,これを改革しなければならないと考える人々が現れた。それとともに仮名遣いや送り仮名法の問題も考えられ,江戸時代封建制度の下にはなはだしくなった各地の方言を統一して一つの標準語を確立しなければならなくなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくごこくじもんだい【国語国字問題】
一国の言語・文字の整理・改善に関する問題。わが国では、漢字制限・字体整理や送り仮名・仮名遣いの改革などがあり、ローマ字問題も含む。国語問題。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくごこくじ‐もんだい【国語国字問題】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国語国字問題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国語国字問題の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation