@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国連分担金【こくれんぶんたんきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国連分担金
こくれんぶんたんきん
contributions to the United Nations
国連憲章第 17条の規定により,国連の経費を加盟国が総会割当てに従って負担する分担金各国の分担率は3年ごとに総会で決定され,その算定は各国の経済的な水準や支払い能力に基づいてなされるが,未納金も多く,国連財政を圧迫している。なお,1992年会計年度の分担率はアメリカ 25%,日本 12.45%,ロシア 9.41%。全加盟国のうち 84ヵ国は最低の 0.01%となっている。経費には通常予算のほかに特別計画,専門機関および平和維持活動の諸経費があり,そのうち特別計画は国連加盟国の寄付金によってまかなわれ,また,専門機関はそれぞれの予算をもっている。しかし平和維持活動の経費は各種国連軍の派遣のために巨額に上り,さらにその機会もふえて分担を拒否する国も現れ,国連財政はますます苦しくなっている (→国連平和維持費 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

国連分担金
国連及び関連諸機関の活動経費調達方法は、加盟国に割り当てられる「分担金」と、加盟国が自発的に誓約して払う「自発的拠出金」とに分けられる。国連開発計画(UNDP)など、国連総会設立機関の多くでは後者の方式を用いるが、国連本体の場合、通常予算(年間15億ドル前後)は分担金方式をとるほか、平和維持活動の経費もそれとは別建てで分担金方式をとるのが普通。通常予算に対する個々の加盟国の分担率は、3年に一度、総会分担金委員会の助言をもとに総会が決定する。2004〜06年度の場合、米国の22%(法定上限)を筆頭に日本の約19.5%、以下ドイツ、英国、フランス(いずれの国も年ごとに多少の変動はあり)と続く。50カ国近くが法定下限の0.001%の負担。平和維持活動に関しては、先進国・途上国・最貧国など、国家群ごとに経費総額のうちの割り当て分を決め、それに分担率を適用する方式をとる。滞納がかなりあり、通常予算分・平和維持活動分・国際刑事法廷分を合わせて30億ドル前後、時点によっては45億ドルに上ることもある。滞納が最も多いのは米国で、通常予算分では常時全加盟国の滞納の50%前後、全体でも35〜45%を占める。
(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

こくれん‐ぶんたんきん【国連分担金】
国際連合の運営のために、加盟各国が負担する経費。2年ごとの総会で分担比率が決められる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連分担金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国連分担金の関連情報

他サービスで検索

「国連分担金」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation