@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国連海洋法会議【こくれんかいようほうかいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国連海洋法会議
こくれんかいようほうかいぎ
United Nations Conference on the Law of the Sea
国連主催の海洋法会議。3次にわたって開催され,海洋に関する国際慣習法の法典化を行なった。 1958年に開催された第1次海洋法会議では (1) 領海および接続水域に関する条約,(2) 公海に関する条約,(3) 漁業および公海の生物資源の保存に関する条約,(4) 大陸棚に関する条約の採択をみた。 1960年に開催された第2次海洋法会議は,特に領海の幅員を定めることを目的としたが,条約によりこれを制定することには成功しなかった。その後 1967年の国連総会で海底平和利用決議の採択,海底平和利用委員会の設立,1968年国家の管轄権が及ばない海底および海床についての海底平和利用委員会の審議,1970年国連総会で「深海底を律する原則宣言」が採択された。第3次海洋法会議は 1973年より 11会期延べ 10年に及び開催された。主要な議題は,深海底の開発,領海,排他的経済水域,国際海峡,大陸棚,海洋の科学調査,海洋環境の保全などで,1982年ジャマイカのモンテゴベイにおいて,国連海洋法条約および最終議定書が採択された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくれん‐かいようほうかいぎ〔‐カイヤウハフクワイギ〕【国連海洋法会議】
国際慣習法として形成・適用されていた海洋法の法典化を目的として国連が開催した国際会議。1958年に第一次会議、1960年に第二次会議、1973~1982年に第三次会議が開催され、第一次会議でジュネーブ海洋法4条約、第三次会議で国連海洋法条約が採択された。UNCLOS(United Nations Conference on the Law of the Sea)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくれんかいようほうかいぎ【国連海洋法会議】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

国連海洋法会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国連海洋法会議の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation