@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際ゴシック様式【こくさいゴシックようしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際ゴシック様式
こくさいゴシックようしき
International Gothic
1360/70年頃~1420年頃に,ヨーロッパのおもな王侯貴族の宮廷を中心に興った美術の様式。地方によって多少趣を異にするとはいえ,いずれも観念的幻想的要素と,こまやかな自然の観察が微妙に混り合い,宮廷的繊細華麗な趣にあふれている。一面ではルネサンス美術を予告しつつも,本質的には爛熟した「中世の秋」の結実である。 14世紀前半にイタリアのフィレンツェ,シエナで形成された新しい造形原理がヨーロッパ各地で摂取されたことが,その出発点である。最大の中心地はフランス国王の宮廷のあるパリで,ここで 13世紀以来一層繊細の度を加えてきた純正なゴシック伝統とイタリア芸術の出会いが起った。たとえば J.ピュセル作の『ジャンヌ・デブルーの時祷書』など。さらにブルゴーニュ,ベリー,アンジューなどを領したフランス大貴族の宮廷で,特にブルゴーニュ公の彫刻家 C.スリューテル,ベリー公の細密画家ランブール兄弟が活躍した。これら芸術家はいずれもフランドル出身で,このため彼らを総称してフランコ・フランドル派という。次に重要なのは神聖ローマ皇帝カルル4世のプラハの宮廷である。パリで教育を受け,イタリアとも深いかかわりをもち,ドイツ皇帝であった彼は,ドイツの建築彫刻家パルラーやイタリアの画家トマーゾ・ダ・モデーナなどを招き,文化の華を開かせた。この様式は 1400年頃からイタリアにも及び,ルネサンス前夜に,ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノや L.ギベルティのような傑出した芸術家を生んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくさいゴシックようしき【国際ゴシック様式 International Gothic Style】
1370年ごろから1420年ごろにかけてヨーロッパ各地で制作された,絵画を中心に彫刻,工芸に共通してみられる様式。ゴシック様式が北フランスのイル・ド・フランスからヨーロッパ各地に伝播し13世紀に定着した後,14世紀中葉から複数の中心地の間で一方的影響ではなく,相互交流が頻繁となって均質な傾向が形成された。この成立経過の国際性から,〈国際ゴシック様式〉との呼称が生まれた。19世紀末にフランスの美術史家クラジョL.Courajodが,1400年ごろのヨーロッパ美術の〈国際的傾向〉として〈普遍的ゴシック性gothicité universelle〉を認めたのがはじまりである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

国際ゴシック様式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際ゴシック様式の関連情報

関連キーワード

徐寿輝百年戦争肖像百年戦争室町時代(年表)ウンブリア派唐賽児アラスの和約唐賽児の乱要塞地帯

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation