@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際世論【こくさいせろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際世論
こくさいせろん
international public opinion
国際社会のなかで国際的影響力をもつ意見。国際世論は,第1次世界大戦後,そして特に第2次世界大戦後,国際政治の重要な要素とみなされるようになり,平和運動,反戦運動といった形で,積極的,組織的に形成する努力がなされている。 1965年以降のベトナム戦争へのアメリカの介入,56年のハンガリー,68年のチェコスロバキアへのソ連の武力干渉に反対する国際世論の高まりは,直接的な抑制効果はもたなかったが,当事国に与えた影響は決して少くない。 70年代以降,非政府組織 NGOの果す役割が高まるにつれ,NGOが形成する国際世論が国々の政策決定に微妙な影響を及ぼす機会が急速にふえている。反核平和運動,環境保護運動,人権擁護運動などはその端的な例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際世論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際世論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation