@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際伝染病【コクサイデンセンビョウ】

デジタル大辞泉

こくさい‐でんせんびょう〔‐デンセンビヤウ〕【国際伝染病】
昭和52年(1977)に厚生省(現厚生労働省)が定義した、ラッサ熱マールブルグ病エボラ出血熱の3疾患。現在これらの疾患は、感染症予防法の1類感染症、検疫法検疫感染症に指定されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

こくさいでんせんびょう【国際伝染病】
 日本には常在しないのですが、海外には、感染力が強く、致命率が高いにもかかわらず、治療法も、予防法も確立されていない病気がいくつかあります。
 このような病気を国際伝染病といい、マールブルグ病、ラッサ熱、エボラ出血熱などが指定されています。
 帰国後、これらの病気またはその疑いのある病気にかかった場合は、指定された病院に入院して、検査や治療を受けなければならないことになっています。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

こくさいでんせんびょう【国際伝染病】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際伝染病
こくさいでんせんびょう
厚生省(現厚生労働省)では、1976年(昭和51)ラッサ熱疑似患者を健康監視のため隔離した事件以来、予防および治療が困難で、しかも致命率が著しく高いとされるラッサ熱、マールブルグ熱、エボラ出血熱の3疾患をとくに国際伝染病と定義し、特別な防疫対策を講じていた。現在、これらの疾患は1999年(平成11)に施行された感染症予防・医療法(感染症法)により1類感染症に分類されている。感染者は厚生労働大臣等が指定した感染症指定医療機関に入院し、処置を受ける必要がある。[松本慶蔵]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくさい‐でんせんびょう ‥デンセンビャウ【国際伝染病】
〘名〙 日本国内に常在せず、予防・治療が困難で、致命率の高い伝染病。ラッサ熱・マールブルク病・エボラ出血熱など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際伝染病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際伝染病の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門寺山修司オガデン戦争安野光雅金壽根ビオラ(Bill Viola)磁鉄鉱系列小川紳介鎌田慧クラストル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation