@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際保護鳥【コクサイホゴチョウ】

デジタル大辞泉

こくさい‐ほごちょう〔‐ホゴテウ〕【国際保護鳥】
国際鳥類保護会議で、絶滅のおそれがあり、保護するように指定されたアホウドリトキなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくさいほごちょう【国際保護鳥】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくさいほごちょう【国際保護鳥】
国際鳥類保護会議が、絶滅のおそれがあり特別に保護する必要があると指定した13種の鳥類。日本産の鳥では、トキ・アホウドリがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際保護鳥
こくさいほごちょう
1949年に国際自然保護連合(略称IUCN、International Union for Conservation of Nature and Natural Resources、一般には「国際自然保護連合The World Conservation Union」と称している)が、世界各国に支部をもつ国際鳥類保護会議(略称ICBP、International Council for Birds Preservation、1993年バードライフ・インターナショナルBirdlife Internationalに改組)に依頼して、世界で絶滅の危機にある鳥のリスト・アップを試みたところ13種になった。1958年にこれを発表している。
 カリフォルニアコンドルGymnogyps californianus、アメリカシロヅルGrus americana、ハワイガンBranta sandvicensis、ハシジロキツツキCampephilus principalis、キジインコPezoporus wallicus、フクロオウムStrigops hobroptilus、バライロガモRhodonessa caryophyllacea、マリアナツカツクリMegapodius laperouse、エスキモーコシャクシギNumenius borealis、カグーRhynochetos jubatus、バミューダシロハラミズナギドリPterodroma cahowなど13種である。これらはアメリカやその周辺の国々とかオーストラリア、ニュージーランド、インドなどにすんでいる鳥たちである。
 1960年に東京でICBPの会議が開かれたときに、13種のうちレイサンガモ、ハワイガモの2種が亜種のレベルで種ではないこと(いずれもマガモの亜種である)を山階芳麿(やましなよしまろ)日本鳥類保護連盟会長(当時)が指摘し、これにかわって新たにトキNipponia nipponとアホウドリPhoebastria albatrusを加えることになった。そのときに当時としてはEndangered Species of Birds in the Worldを「世界中で絶滅の危機にある鳥たち」と訳すのはいかにも長いし、日本人にはわかりにくい(当時としては)のでの短くしようと苦労したようで、日本鳥学会の黒田長禮(ながみち)会長(当時)が、日本野鳥の会誌『野鳥』に「国際保護鳥」の名前を使ってこの13種の鳥を紹介している。
 国際的な組織が選んだ、世界で絶滅の危機にある鳥、といった意味になるであろうか。なお、その種類の保護については、当然のことであるが生息している当事国の政府がその種の保護・保全に対してのもっとも重い責務を負っている。
 その後、IUCNは絶滅の危機にある生物の調査を各分野の世界機関に依頼し、鳥の分野ではふたたびICBPが実施している。そして世界各国から集まった「絶滅の危機にある鳥」は13種どころか270種を超え、亜種を含めると300以上にもなってしまっていた。これらは『Red Data Book』(レッド・データ・ブック)Vol.2 AVES(鳥綱)として1966年に発表・出版されている。種類が比較にならぬほど増えてしまったのは、初期は鳥類保護の先進国の情報に偏っていて世界全体の情報とはいえなかったこと、年代が進むにつれて自然への開発行為があらゆる地域で激しくなっていったことなどによると思われる。13種は、世界的に保護を考えなくてはいけない鳥として最初に発表された種という意味しかない。日本だけの認識であろうか、いまだに「国際保護鳥は13種」などといっているのは時代錯誤も甚だしいといえるであろう。
 絶滅の危機にある種類なので、それについての記載は目立つよう赤色で示す必要がある、というのでRed Dataである。この『Red Data Book』は表紙も赤色になっている。現在ではRed Data BookあるいはRed Bookといえば、絶滅の危機にある生物について書かれた本という認識が、世界中でできつつある。[柳澤紀夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくさい‐ほごちょう ‥ホゴテウ【国際保護鳥】
〘名〙 国際鳥類保護連盟で、国際間で保護すると規定された鳥。絶滅のおそれのある貴重な種類で、現在、アホウドリ、トキなど一三種が定められている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際保護鳥
こくさいほごちょう
保護鳥」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際保護鳥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際保護鳥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation