@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際分業【こくさいぶんぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際分業
こくさいぶんぎょう
international division of labor
貿易を通じて国際間で行われる分業各国が得意とするものだけを生産する国際分業を特化 specializationというが,この特化のメリットを最初に理論的に展開したのが D.リカードの比較生産費原理であり,さらにこれを推し進めたのがヘクシャー=オリーン定理である。各国の適性気候天然資源などの自然的要因人口,能力,教育水準などの人的要因,資本蓄積や組織,制度などの社会的歴史的要因により決るが,自然的要因を除けば生産条件は生産要素である土地,資本,労働の量と質で決り,それが製品の相対価格に反映し,自由貿易のもとでは低廉に生産できるを主に生産するようになるとする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくさい‐ぶんぎょう〔‐ブンゲフ〕【国際分業】
国と国との間の分業。先進国開発途上国の間における工業製品と一次産品との垂直的国際分業と、先進国間における工業製品の水平的国際分業に分けられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくさいぶんぎょう【国際分業】
外国との間で,それぞれ割安に生産できるものの生産を増やして輸出し,他方割高のものの生産を減らして不足分を輸入すれば,自国外国もともにアウタルキーAutarkie(自給自足経済)の場合より消費量が増える。日本はたいへん不足している原燃料を輸入し,国内の熟練労働,機械設備,高水準の技術で加工して輸出するという形態の国際分業を活用して経済発展してきた。国際分業はいわば国是といってもよい。しかし国内で輸入品と競合する生産を行っている生産者にとっては,他の有利な産業に移れないかぎり,簡単に国際分業に賛成できない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくさいぶんぎょう【国際分業】
国と国との間の分業。各国が自国の生産条件に見合った商品の生産を行い、その一部を輸出し、他の商品は外国から輸入すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際分業
こくさいぶんぎょう
international division of labor
各国が所有する生産上の適性を生かし、もっとも適合した商品の生産に専門化(国際的特化という)すること。この国際分業の結果として商品の国際的交換(貿易)が発生する。分業には、アダム・スミスが指摘したように、作業を分割するもの(技術的分業)と職業を分化するもの(社会的分業)とがあり、ともに生産能率を増進させる最大の原因となるものである。国際分業は後者の意味の分業であり、各国が生産上の適性に応じて生産分野を分担しあうことである。
 国際分業はどういう条件のもとに発生するか、その利益はどういう性質のものかについて明らかにした有名な学説として、リカードが唱えた比較生産費説または比較優位説といわれる理論がある。これは、各国の適性を生産費で表現し、各国は相対的に生産費が低い、つまり比較優位をもっている商品の生産に特化(国際分業)してそれを輸出し、相対的に生産費が高い、つまり比較劣位にある商品を輸入すべきであり、そうすることによって、各国は自国の生産能率を高め、ひいては世界全体の利益(生産量の増大または生産資源の節約)をもたらす、というものである。自国が比較優位にある生産分野に特化する場合、比較劣位にある商品の生産をまったく行わなくなるケースと、生産は縮小するが継続するというケースがある。前者のケースを完全特化、後者のケースを不完全特化という。
 比較生産費説によれば、各国の生産費に相違があれば貿易が行われる。すなわち、生産費の相違が各国の輸出品を決定し、貿易による交換が行われるわけである。その意味でこの理論は国際分業パターン決定の理論ともいわれている。国際分業パターンの決定、つまり、どうして国によって生産上の適性の相違、すなわち生産費の相違が発生するかについては二つの考え方がある。その一つは、それぞれの国で生産の自然的な条件とか社会的条件が違っており、その相違が生産費差を発生させると主張する。国により自然的条件、つまり資源分布とか気候が相違している。石油のとれる所ととれない所、綿花の栽培のできる所とできない所がある。また社会的条件、つまり人間能力(手先の器用さや科学的な能力)や過去の遺産(工場や鉄道など)の相違がある。このような資源分布や人間能力の相違が、それぞれの国の生産費の相違を生むという考え方である。周知のように、土地、労働、資本は一般的生産要素といわれている。それに対して、資源分布や人間能力というのは特殊的要素である。したがって、この考え方は特殊要素説と名づけられている。もう一つの考え方は、各国に存在している資本や労働という一般的な生産要素量の相違がそれぞれの国における生産費の相違を生み出すというもので、一般的要素説といわれている。これはこの学説の提唱者の名をとってヘクシャー‐オリーンの定理(H‐O定理)ともいう。なお、第二次世界大戦後に先進国間貿易(工業品貿易)が急速に増大してきたとき、その原因として技術革新に注目した技術ギャップ論やR&D(研究開発)要素説などは特殊要素説の新しい展開といえる。
 また、国際分業には垂直的国際分業と水平的国際分業とがある。垂直的国際分業は先進国の工業品と発展途上国の一次産品(農産物や鉄鉱石などの原料)との貿易のことであり、水平的国際分業は先進国間における重化学工業品を中心とした工業品貿易のことである。第二次世界大戦後は伝統的な垂直的国際分業が衰退し、水平的国際分業が盛んになってきた。その結果として世界貿易に占める先進国間貿易の割合が拡大している。[田中喜助]
『小島清著『外国貿易』(1981・春秋社) ▽R・F・ハロッド著、藤井茂訳『国際経済学』(1976・実業之日本社) ▽アダム・スミス著、大河内一男監訳『国富論I』(1976・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくさい‐ぶんぎょう ‥ブンゲフ【国際分業】
〘名〙 国際間で行なわれる分業。各国がそれぞれの適性にかなった商品の生産に専念し、自国で生産しない商品は貿易を通じて獲得すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際分業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際分業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation